ピエール瀧

写真拡大

「役者は、クスリはダメだけど、不倫は大丈夫」

【写真】ド派手なアウターに身を包み打ち合わせするピエール瀧を目撃!

 10月半ばの午後10時過ぎ。世田谷区内にある音楽バーで、そんな“持論”を展開していた男がいた。声の主は、約1年半前の'19年3月に、コカインを使用したとして逮捕されたピエール瀧だ。

「執行猶予つきの判決が出て以降、“復帰”についてはさまざまに報じられていましたが、先月、竹中直人さん、山田孝之さん、斎藤工さんが共同制作した映画『ゾッキ』での復帰が正式に発表されました。公開は'21年春を予定しています」(スポーツ紙記者)

 11月3日におよそ1年9か月ぶりに自身のインスタグラムを更新。久々の投稿となった写真は、逮捕前の最後の投稿となっていた、岡山城をバックに撮影した写真と同じ構図のもの。服装に関しても前回・今回と、同じ帽子に同じコート、同じズボンに同じ靴という徹底ぶり。“復帰”について、どこか意図を感じさせる写真であった。

親しい友達の前で本音が“ポロリ”

 復帰を控えた最近の瀧は、どんな様子なのか。逮捕時には多くの報道陣を集めた自宅周辺で話を聞いた。

「以前は見かけましたけど、騒動以降は見てないですね。たぶん、前よりもひっそりと暮らしてるんじゃないですか?」(近隣住民)

「身体が大きいから迫力はあるけど、ガラが悪いって感じはなかったです。普通でしたね」(別の近隣住民)

 以前は家族と一緒にいる姿が見られたという瀧の外出自粛は、コロナウイルスの影響か。彼がたびたび訪れていたという近所の喫茶店の店主は、

「騒動後は店には来ていませんね。家には車があったりなかったり、キャデラックのオープンカーだったり、ほかにも2、3台見かけたり、よくわからない感じですね。けっこう外に出てるんだと思います。本人も以前と変わらない様子ですよ」

 近所では、落ち着いた生活を送っているようだ。しかし、親しい友人や関係者の前では“本音”がポロリ。冒頭の音楽バーには、音楽関係者らしき男性と訪れていたという。

「店内奥のカウンター席に座っていました。マスターに“静岡出身なんですか? 自分も静岡市なんですよ”なんて話しかけたり、フレンドリーでしたね」(居合わせた客)

 ウオツカなど強めの酒を重ねていたそうで、いい具合に酔いが回ったころ、彼の役者論、音楽論が飛び出した。

「役者は、クスリはダメだけど、不倫は大丈夫。だって役で演じるんだから。逆にミュージシャンは、クスリはよくても不倫はマズい。だって、歌で“この愛は永遠だ”なんて歌ってるのに、不倫してたら説得力ないでしょ」

 薬物使用は違法行為で、不倫はあくまで個人間の問題であるため、何とも言えないところだが、世間的には“どっちもダメ”であろう。ミュージシャンであり、役者でもある瀧。現在、どちらもやっていないことを願うばかり……。