既婚なのに独身と偽って近づいてくる最低男。「そんな男性には絶対に騙されない!」と思っていても、甘い言葉をささやかれてつい信じてしまうケースはあります。

今回は最低男に騙されてしまった経験者に、不倫男性の見抜き方を聞きました。

経験者が語る!不倫男性の見抜き方とは?

(1)ファミリー層に人気のエリアに住んでいる

「どの地域にもファミリーがよく住む住宅街ってありますよね。そのエリアに住んでいた彼が既婚者でした。実家暮らしと嘘をつかれていましたが、もっと早く疑うべきだったと反省しています」(30歳/証券)

この女性曰く、彼の住んでいるエリアに注目すると、既婚者なのか独身者なのかあるいは、単身赴任中なのかが分かるそうです。一人暮らしを自称するのに家に呼ばない場合も、なにか裏があると考えて良いでしょう。

(2)子供にウケそうなLINEスタンプを所持している

「多くのエセ独身者と接してきましたが、Eテレの子供番組に出ているキャラクターのLINEスタンプを送ってくる男性は、ほぼほぼ子持ち既婚者かと。送ってくるスタンプである程度、見極められます」(31歳/教育関係)

子供にウケそうなスタンプを所持している場合、既婚者の確率が高いことが判明! 他にも、LINEのアイコンにファミリーカーなど、家族を匂わせるヒントが隠れていることが多いそうです。

(3)休日の電話は出てくれない or 室外がお決まり

「平日の夜は電話に出るのに、土日は『営業が忙しい』と言って電話に出てくれなかった元カレは既婚者でした。家族といるであろう土日に電話をしてみて毎回出なかったり、車などの家以外の場所から通話されているようだと怪しんだ方がいいです」(27歳/IT関連)

休日に電話をしても毎回出ない、もしくは室外からかけ直してくるケースはかなり怪しいでしょう。休日のあなたへの時間のさきかたに注目すべし。

(4)大切なイベント事なのに、日をずらして祝うとする

「私は付き合う前に必ず『お互いの誕生日や記念日はもちろん、クリスマスやバレンタインデーなどの年間のイベントは、全部一緒に過ごしてくれる?』と聞いています。既婚者なら家族優先なので、『イベントとか祝う歳じゃないよ〜』と言い訳したり、『その日、仕事だから次の週にしよう』とずらしてくるので」(29歳/保険)

不倫している男性にとって最大に面倒くさいことと言えば、“イベント事”。2人で過ごしたいと伝えて、「それは若いカップルがやるものだよ」「忙しいから日にちをずらそう」と言い訳をしてくる男性は怪しんで。

(5)(LINE以外の)SNSを教えてくれない

「私の経験上、インスタやFacebookなどのSNSのアカウントを教えてくれない男性は怪しいです。あと、アラフォー・アラサーの男性なら世代的にFacebookをやっている可能性が高いから、名前で検索をして、彼のアカウントをつきとめるのもアリかと。私の場合は、それでつきとめて、投稿内容と友人のコメントから既婚者だと発覚しました……」(28歳/公務員)

Instagram、Twitter、Facebook……何かしら一つはやっているであろうSNS。逆に、これらのSNSの相互フォローができたら、少しは安心していいのかも。既婚を隠すとどこかでボロが出る

既婚という事実を隠して近づいてくる男性は、どこかで必ずボロが出ます。既婚男性にハマる前にそれを見抜き、門前払いしましょう!

 書いたのは

出典: 美人百花.com

美泉菜月さん

恋愛心理士、恋愛アドバイザー、メンタル心理カウンセラー。年間1,000人以上の夫婦を円満に導く夫婦アドバイザーとしても活躍。

画像提供/silhouette-ac