〈自分はいわゆる愛煙家だったが、自分自身のためにも、きれいな環境のためにも、大変だろうがタバコをやめる決心をした〉

【画像】北朝鮮高官Twitterの「ぎこちない日本語ツイート」

 Twitterで「禁煙への決意」をつぶやいたのは、北朝鮮高官の個人名義のアカウントだった――。

 北朝鮮当局や団体ではなく、個人名義のTwitterアカウントが明らかになるのは極めて異例だ。このアカウントの主は、北朝鮮「祖国平和統一委員会部長」を名乗る金命一氏(@korea_myongil)。同時に、「祖国統一研究院室長」を名乗る韓成一氏(@korea_songil)のアカウントも見つかった。

「聯合ニュース」が11月13日、「北朝鮮の金命一・祖国平和統一委員会部長と韓成一・祖国統一研究院室長のTwitterのアカウントが確認された」と報じるなど、韓国では報道が相次いだ。報じられたアカウントはいずれも10月1日に開設され、居住地は北朝鮮の平壌となっている。


韓成一氏(左)と金命一氏のアカウントの顔写真

 金氏が所属しているという「祖国平和統一委員会」は、1961年に設立された、韓国や海外の同胞に対する宣伝・扇動を行う機関だ。朝鮮労働党が2016年に国防委員会を廃止し、国務委員会を新設した際、党の外郭機関から国務委員会傘下の国家機構に昇格した。金正恩委員長が、対南宣伝扇動を強化することに重点を置いたためとみられる。1997年に韓国に亡命した、金正日の元側近・黄長菀氏も、1986年に「祖国平和統一委員会」副委員長を務めている。

 韓氏の「祖国統一研究院」は、その祖国平和統一委員会傘下の組織だ。金氏と韓氏のTwitterアカウントでは、祖国平和統一委員会が運営する対南宣伝メディア「わが民族同士」のアカウントだけをフォローしている。

「我がキムチが食欲をそそる」

 金氏と韓氏のツイートは、基本的には朝鮮語だが、英語と日本語のツイートもある。11月13日までにそれぞれ48件、33件のツイートが確認されている。1〜2日に1回、投稿している計算だ。

 韓氏のアカウントは、10月1日の初投稿で、Twitterアカウントを開設した趣旨について、次のように説明している。

〈(北)朝鮮で起こった朗報と南北関係の消息を伝え、我が民族の文化や歴史など様々な常識を親切に伝え、今後、多くのインターネットユーザーとの積極的かつ多方面にわたる(意思)疎通に期待している〉

 いま北朝鮮では、2021年1月に5年ぶりに開催される党大会を控えて、全国民で災害の復旧や経済建設などにあたる「80日戦闘」の真っ只中。2人のアカウントでも、この「戦闘」の現状をはじめ体制宣伝をほぼ連日投稿しているのだが、異例だったのは個人的な生活に触れる内容も投稿されていたことだ。

 11月12日には、金氏が〈今や世界的な名料理として定着した朝鮮キムチ〉について、〈健康にもよく、味も良い我がキムチが食欲をそそる〉と投稿。キムジャン(越冬用のキムチ漬け)の風習を写真付きで紹介した。

北の愛煙家といえば……

 さらに、金氏は11月12日、〈先日禁煙法が採択された〉として、冒頭で紹介したように、〈自分はいわゆる愛煙家だったが、自分自身のためにも、きれいな環境のためにも、大変だろうがタバコをやめる決心をした〉という書き込みをした。

 北朝鮮の愛煙家といえば金正恩委員長。会議や現地視察の場などで、タバコを吸う姿が北朝鮮メディアで頻繁に報道されてきた。金委員長は、保育園や幼稚園、地下鉄の構内、学校、病院、公演観覧の時にもお構いなしにタバコを吸ってきた。

 朝鮮労働党の財政経理部(別名「39号室」)元高官で、亡命後に米国務省の諮問役を務める李正浩氏は、筆者に次のように明かしている。

「北朝鮮で、ある会議に出席したが、数メートル前の金正恩が相次いでタバコを吸い、タバコの煙に苦しんだ。金正日は公的な場所ではほとんどタバコを吸っていなかったが、若い人(金正恩)はそれが止められない」

 しかし、その金正恩も時代の流れには逆らえなかった。コロナウイルス感染拡大を防止するため、さらに気管支と肺を保護するためという理由で、北朝鮮で11月に入って公共の場などでの喫煙を禁じる「禁煙法」が制定された。今後、金正恩が公共の場でタバコを我慢できるのか見守りたい。

「誤ったクリック」で追及される可能性

 その他には、〈母の日を迎え、ユニークな祝賀状をたくさん出した〉として、北朝鮮の母の日のカードとみられる写真を掲載した金氏のツイートも。水害で住居地が流された地域で新築された住宅への入居を祝う写真が投稿されたものもあった。

 北朝鮮政府は昨年10月、現地の“日常”を伝える映像を流すYouTubeのアカウントも作成している。ここでも個人を前面に押し出して、体制宣伝を試みている。今回のTwitterもこのような脈絡で、外部の世界に、より親しみのある方法で接近しようとしたものとみられる。

 一方で、北朝鮮国民は基本的にインターネットを使うことができない。ネットのユーザーは極めて限られ、外国の資料などをリサーチする専門家や担当者などごくわずか。それも、必要な時だけ当局の許可を得て、インターネットの接続が可能となる。

 許可を受けてインターネットを利用する時も、専門家らはかなりの緊張を強いられるという。マウスの操作を間違えて、韓国のポータルサイトなどをクリックしてしまったら、そのアクセス記録が残り、後で厳しい追及を受けることになるからだ。

 北朝鮮の一般住民がTwitterアカウントを作り、外部世界と交流することなど無理。今回のTwitterの書き込みの内容も、北朝鮮の日常的な内容もあるが、大半が「わが民族同士」を初めとした既存の対外宣伝メディアの報道と大差ない。

 たとえば、韓国の保守政党の第1野党代表の動きを批判したり、在韓米軍を非難する文章も投稿されている。韓氏は10月31日、次のように投稿した。

〈釜山港にある米軍の細菌実験室に何があるのか。炭疽菌、ボツリヌス菌、各種生物化学兵器……知られているだけでもこうなのだから、実情はもっと悲惨だろう。米国の生物化学戦の前哨基地である南朝鮮(韓国)。これを見ると私はどうしてもベイルート港の大惨事を思い出す〉

 これは10月19日、釜山港の米軍の細菌実験室の閉鎖をめぐる住民投票についての記者会見が釜山市議会で開かれたことを受けたツイートだ。韓国の左派らに、米軍の細菌実験室の閉鎖に賛成するように促すサインを送っているとも読める。北朝鮮は以前から在韓米軍の撤退を絶えず主張している。韓氏のツイートは、それに沿ったものだ。

突然削除されたアカウント

 そんな2人のアカウントだったが、開設から約1カ月半後、突然削除された。11月13日まで運営されたものと推定されるが、聯合ニュースなどが詳細を報じたためなのか、あっという間に姿を消した。

「自由アジア放送(RFA)」が、Twitter社側にこの2つのアカウントのユーザーがアカウントを削除したのか尋ねると、「現在、共有できる事項はない」と答えたという。

 金氏のアカウントには、〈自分の地に足をつけ、目は世界を見よ〉というスローガンが掲げられていた。これは、金正日総書記が生前に北朝鮮市民に掲げた言葉だ。しかし、今回のアカウント閉鎖で、自らその「目」を閉じてしまった格好だ。

 北朝鮮の国民が個人アカウントを取得して、自らの生活を自由にツイートできる日は、いつ来るのだろうか。

(朴 承萊/Webオリジナル(特集班))