メドベージェフが最終戦で初優勝!ティーム破り10連勝でシーズンを締めくくる

写真拡大

現地22日、男子テニスツアー最終戦の「Nitto ATPファイナルズ」(イギリス・ロンドン/11月15日〜11月22日/室内ハードコート)の男子シングルス決勝。世界4位のダニール・メドベージェフ(ロシア)が世界3位のドミニク・ティーム(オーストリア)と対戦。メドベージェフが4-6、7-6(2)、6-4で勝利し、2度目の出場で初優勝を飾った。   

今大会だけで世界1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)と世界2位ラファエル・ナダル(スペイン)の2人を破って、決勝へ進出した両者。昨年はティームは準優勝、メドベージェフはグループリーグ3連敗だった。


第1セット第2ゲームではいきなり長いデュースの攻防になるが、メドベージェフは決めきれない。逆に第5ゲームでピンチになると、ダブルフォルトをしてしまいティームがリード。その後はお互いチャンスなくキープとなり、第1セットを落とす。


第2セットではメドベージェフに1本、ティームに3本チャンスがあったものの、両者しのぎ切りタイブレークへ。メドベージェフは先にミニブレークされたものの逆転。最後はサービスエースを決めてフルセットへ持ち込む。


第3セットになるとメドベージェフが優位に。第3ゲームでは0-40の大チャンスを逃してしまうが、続く第4ゲームをラブゲームでキープすると、第5ゲームでデュースの攻防の末ブレークに成功。このセットではティームにチャンスを与えずリードを守り切り、初優勝を飾った。


これでメドベージェフは「ATP1000 パリ」に続き、2大会連続優勝。10連勝でシーズンを締めくくった。


(テニスデイリー編集部)


※写真は「Nitto ATPファイナルズ」でのメドベージェフ
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)