2021年にiOS15のリリースが見込まれていますが、初代iPhone SE、iPhone6s、iPhone6s Plusのサポートが終了する、と報じられました。

過去にサポートデバイスを正しく予測したメディアの報道

イスラエルのThe Verifierは、過去にiPhone5sとiPhone6がiOS12リリースでサポート終了すると的確に予測したメディアとして知られています。同メディアは、iOS13でサポートされているすべてのiPhoneモデルがiOS14でもサポートされるとも正しく予測しました。
 
今回のThe Verifierの報道によれば、iOS15では以下のiPhoneモデルがサポートされる見通しです。
 

2021年のiPhoneラインナップiPhone12 Pro MaxiPhone12 ProiPhone12 miniiPhone12iPhone11iPhone11 ProiPhone11 Pro MaxiPhone XSiPhone XS MaxiPhone XRiPhone XiPhone8iPhone8 PlusiPhone7iPhone7 PlusiPhone SE(第2世代)iPod touch(第7世代)

 
来年サポートが終了見込みのiPhone6sとiPhone6s Plusは、2015年9月に発売となったiPhoneモデルです。初代iPhone SEは、翌年2016年の3月に販売開始となりました。
 
今年のiPhone12 miniとiPhone SE(第2世代)は、フォームファクタとしてはiPhone6sのデザインを踏襲するものです。第2世代のiPhone SEはiPhone6sとサイズはまったく同じですが、モダンチップであるA13プロセッサを搭載しています。
 
iPhone12 miniはサイズがより小さくなっていますが、エッジトゥエッジのデザインで、ディスプレイサイズはより大きくなっており、A14プロセッサと改善されたカメラを搭載しています。
 
 
Source:The Verifier via 9to5Mac
(lexi)