※以下は、「コスケの北海道でドライブを楽しむチャンネル」さんの動画を文字おこしして再編集しています。

こんにちは、 コスケです。去年の冬、北海道で大活躍した「ストレッチマイクロウォームパンツ」。今年はより進化して暖かくなったので、紹介しようと思います。

こちらが、ワークマン「マイクロストレッチウォームパンツ」。価格は2900円(※撮影当時)で、カラーはインディゴネイビー。サイズはLLが僕にはちょうど良かったです。もう1色、ミックスホワイトというカラーも購入したので、そちらも後ほどご紹介していきます。

特徴はこんな感じ。120%のストレッチで動きやすく、裏地はマイクロフリースで暖かいです。厚地で高耐久、カラーによって使われている素材が違うというのも特徴です。


実は、カラーによってサイズ感もちょっと違うんですよね。

そして、2020年モデルに新しく追加された特徴が、「急光発熱」です。裏地のマイクロフリースが太陽光を吸収し、発熱してプラス5℃! とても暖かくなっています。


 

1. カラーごとに素材が異なる!多様な色味・履き心地からベストな1本を

表地の素材感ですが、インディゴネイビーはデニムっぽい素材。触った感じもデニムっぽいですね。先にお伝えしたとおり、このパンツはカラーごとに素材が異なります。

各色ごとの主要素材は、インディゴネイビーは綿64%。ミックスブラックは綿73%。コヨーテブラウン・ダークグリーン・カモグリーンの3色は綿98%と、火の粉にも強い丈夫な素材になっています。その分ちょっと固いかもしれません。


ミックスホワイトは綿61%。コーデュロイサンドはポリエステル91%で綿が使われていないので、軽くてとても柔らかい素材になっています。


各色によって素材が全然違うので、触った時や履いた時の雰囲気、そしてサイズ感が違うのが大きな特徴です。

ただ、全てある程度のストレッチ性能は維持されていて、120%のストレッチでよく伸びるんですよね。おそらくこれを実現するために、素材をいろいろ変えているんだと思います。


 

2. 締め付け感のない履き心地。ふわふわのマイクロフリースで暖かい!

身長176僉体重65圓遼佑インディゴネイビーのLLサイズを履くとこんな感じ。太ももやお尻のあたりが締め付けられるような感覚もなく、ちょうどいい長さです。


Lサイズは、太ももから膝下あたりが締め付けられる感じがあったので、LLにしました。その分、お腹周りが大きくなるので、ベルト必須という感じです。


ジーンズっぽい見た目ですが、120%のストレッチということもあり、とても動きやすいですし、何より中がふわふわのマイクロフリースで暖かいです。

もう1本買ったミックスホワイト。こちらは、Lサイズがぴったりでした。余裕はあるけど大きすぎず、履き心地もとても良いです。Lサイズなのでお腹周りもぴったりです。今年はこれをメインで履いていこうかなと思っています!

 

3. コーディネートもしやすくメイン使いできる!

今年とても気に入っているミックスホワイトですが、上下で合わせるのがなかなか難しそうなカラーだったので、アウターをいくつか合わせてみました。


ミックスホワイトのパンツに、グレー系のアウターを合わせるのが結構良いと思います。

ミックスホワイトの色が真っ白というわけではないので、ホワイトのジャンパーを着てみても良いんじゃないかと思います。

ブラックのアウターも、帽子や靴で色を調整すると、なかなかスタイリッシュな感じになると思います。白のパンツはコーデが難しそうな感じですが、意外と何でも合わせれるかなという印象でした!

 

まとめ:Sサイズ、Mサイズは女性にもイチオシのあったかアイテム!

お店の方に話を聞いてみると、SサイズやMサイズは、女性が買っていくことも多いそうです。特に、今回紹介したミックスホワイトは女性にも人気のカラーみたいですね。


今年はこのパンツを履く機会が多くなりそうです。皆さんもぜひチェックしてみてください!

DATAワークマン┃ストレッチマイクロウォームパンツ

カラー:ミックスホワイト、コーデュロイサンド、コヨーテブラウン、ダークグリーン、カモグリーン、インディゴネイビー、ミックスブラック

サイズ:S〜5L