9回、甲斐の投ゴロを大竹が本塁へ悪送球、三走・栗原に続いて二走・真砂の生還も許す(撮影・金田祐二)

写真拡大

 「日本シリーズ・第2戦、巨人−ソフトバンク」(22日、京セラドーム大阪)

 巨人に信じられないミスが飛び出し、球場は騒然となった。

 9点ビハインドで迎えた九回、大竹が7番手で登板。1死満塁のピンチを招いたが、甲斐を投ゴロに打ち取った。打球は正面で1−2−3の併殺コースかと思われたが、大竹の送球が引っかかり、捕手の炭谷は捕ることができず。2者が生還して2−13となり、ファンからはため息がこぼれた。