【プロ野球日本シリーズ巨人対ソフトバンク第2戦】9回 安打を放つソフトバンク・川瀬晃=京セラドーム(中井誠撮影)

写真拡大

 大量リードのソフトバンクは柳田やグラシアルら主力を下げ、控え選手を次々と投入。

 九回、代わって入った真砂や川瀬の安打で1死満塁に。巨人7番手大竹の悪送球でさらに2点を追加した。