ユヴェントス

写真拡大

クリスティアーノ・ロナウドは、ユヴェントスがカリアリに2-0で勝利した試合の後に、監督アンドレア・ピルロに「生まれながらのチャンピオン」と称賛された。このポルトガル人FWは、前半に2ゴールを決め、今シーズンはリーグ戦5試合に出場し、8ゴールを奪っている。

「彼はすでに知られているように、素晴らしいプロフェッショナルだ。彼は真のチャンピオンであり、試合でもトレーニングでも、周りのみんなにお手本を示している。私が彼にできる唯一のアドバイスは、同じ道を進み続けることだ」とピルロは『DAZN』に語った。

■チームの状況
ピルロ監督率いるユーヴェはリーグ戦8試合で4勝している。現在2位につけているが、ピルロは選手たちが自身のアイデアに取り組んでいることに満足しているようだ。

「このチームには多くのクオリティがあるが、それだけでは十分ではない。試合を支配するためには、左右に素早くボールを移動させなければならない。選手たちはこのスタイルのサッカーを楽しんでいる。最初の試合からこのプレッシングゲームを試してきたが、それに取り組む時間はあまりなかった。プレッシャーをかけ続けるためには、できるだけ早くボールを奪い返さなければならない」

■アルトゥールの好調さ
アルトゥールはピッチ上のどの選手よりも多くのパス(101本)を成功させ、そのうち57本を相手ハーフに流し込んだ。ブラジル代表で初ゴールを決めた週、ピルロは、元FCバルセロナのMFの新しい環境への適応力の高さを称賛した。

「彼は我々が期待していた選手だ。彼は別のリーグから来て、適応の期間を必要とした。今では、より良くなっているし、相手のプレスを避けるためには、我々の試合には非常に重要な選手だ」と語った。