チームメイトから祝福されるガンバ大阪DF高尾瑠

写真拡大

[11.22 J1リーグ第28節 浦和 1-2 G大阪 埼玉]

 記念すべきJ1初得点が逆転ゴール、そして決勝ゴールとなった。ガンバ大阪DF高尾瑠は「大事なところで決められて良かった」と頬を緩めた。

 浦和戦で引き分け以下に終わると、川崎Fの優勝が決まる状況だった。しかし、そのことは意識せず、「今回の試合に勝つ」と目の前の試合に集中していた。

 前半をスコアレスで折り返すと、後半17分にDF槙野智章に決められて浦和に先制を許してしまう。しかし、4分後の同21分にFW宇佐美貴史の得点で同点に追い付く。そして、同36分に高尾が魅せる。

 MF山本悠樹が蹴り出したCKに反応すると、ヘディングで叩き込んで決勝点をマークした。嬉しいJ1初ゴール。「ゴールやアシストと結果が出ていなかったので、大事なところで決められて良かったし、コーナーから点を取りたいと思っていたので良かった」と喜びを表した。

 この日の勝利で、川崎Fの今節での優勝を阻止。次節はその川崎Fのホームに乗り込む。「川崎Fはすごく良いチームだけど、自分たちのサッカーをしっかりして勝てるように頑張りたい」と意気込んだ。

(取材・文 折戸岳彦)