「え! この人、結婚するの? 彼氏がいたことすら知らなかった!」というような、衝撃的な結婚報告を聞いたことはありませんか? 本人たちからしたら自然の流れでの結婚だったのかもしれませんが、周りからすると電撃結婚だと思うこともあります。
ここではそんな、電撃結婚をする人の特徴を聞いてみました。

お互いに適齢期を過ぎている

「職場で電撃結婚をしたカップルがいた。誰も付き合っていることを知らなかった社内恋愛で、仲がよかったことさえ知らなかったから、みんな衝撃を受けていた。ふたりとも40代の上司で、適齢期と呼ばれる年齢を過ぎていたから余計に衝撃的!
飲み会で聞いた話だと付き合って2週間で結婚の話が出て、入籍したのは2か月後だったらしい」(30歳/公務員)

▽ お互いに適齢期と呼ばれる年齢を過ぎていると、結婚することに対してもそこまで構えなくなり、自然の流れで入籍に至るようです。経験もそれなりに積んでいるからでしょうか。

もともと知り合いだった相手と付き合う

「もともと知り合いだった相手と付き合うと、交際期間が短くても結婚に踏み切る印象。友達は結婚しないって言っていたのに、もともと知り合いだった男友達と付き合って1か月で婚約、3か月後に入籍していて、わりと衝撃だった」(30歳/看護師)

▽ もともと知り合いだった相手と付き合う場合、お互いのことをだいたい把握しているので、交際期間が短いまま結婚する人も少なくないもの。付き合う前に「付き合うなら結婚かな」という流れも、なんとなくできているのかもしれませんね。

自分のことを周りに言わない

「バイト先の後輩は、自分のプライベートを周りに話さない人。プライベートが見えないから、なんとなく付き合っている人もいないのかなって思っていた。
そこから突然の結婚報告だと、すごく驚く。え、彼氏いたの? ていうか、同棲していたことに衝撃を受けた」(24歳/飲食)

▽ 自分のことをめったに話さない相手だからこそ、結婚報告を受けると衝撃を受けるもの。そもそも恋人がいたのか、同棲までしていたのかと、パーソナルな情報を知らないためにびっくり。
そんななかでいきなり「結婚」という報告が入ってくるので、周りから見ると電撃結婚のように感じるのです。

長年付き合った人と別れた

「『10年近く付き合った彼女と別れた』と、半年くらい前に言っていた先輩からの結婚報告にびっくり。長年付き合って別れた人って、次に付き合う相手と猛スピードで結婚にまで進んでいる気がする」(29歳/広告代理店)

▽ 長期間に渡る大恋愛が終わってから付き合う人と、とんとん拍子に入籍するケースも少なくありません。大恋愛だと思っていた恋愛を終えることで、結婚や恋に対していい意味での割り切りができるようになるのかもしれませんね。

出会い方が結婚前提

「結婚相談所とか適齢期の友達からの紹介とか、出会い方がすでに結婚前提な人は電撃結婚をするイメージ。相性がよければ、とんとん拍子にふたりの目的の結婚に進んでいる感じがするな」(32歳/IT)

▽ 短い交際期間の後に結婚する相手は、そもそもの出会い方が結婚前提だったというケースも。お互いにいい年齢であったり、結婚を目的としていたりすると、電撃結婚は珍しくないですよね。