宇佐美貴史

写真拡大

 簡単には優勝させない。J1G大阪は22日の浦和戦(埼スタ)に2―1で勝利。引き分け以下に終わった場合、首位川崎のリーグ制覇が決まっていただけに、名門クラブのプライドを見せた形となった。

 後半17分に先制を許す苦しい展開。それでも、同21分にFW宇佐美貴史(28)の一撃で同点に追いつく。同36分には、DF高尾瑠(24)の勝ち越しゴールで試合をひっくり返した。宮本恒靖監督(43)は「選手が下を向くことなくやってくれた」と褒めたたえた。

 25日には、リーグ制覇に大手をかけている川崎(等々力)と対戦。勝ち点3を奪取しない限り、歓喜の輪をスタジアムで目の当たりにしなければならない。指揮官は「今年独走してきたチームなので、そこに我々がどれくらいやれるのかということも含めて、しっかり戦えるような準備をしていきたい」と気合十分。

 宇佐美も「目の前でタイトルを取られるほど気分の悪いことはない。川崎の選手たちはホームで決めたいでしょうし、そこを僕らが止めることに意味があると思うので、いいチャレンジだと思う」と目をぎらつかせた

 次節も厳しい戦いが予想されるが、またしても川崎の優勝を止めることはできるか。