上手に使い分けて美肌になろう!洗顔石鹸のメリット・デメリットを紹介

写真拡大 (全7枚)

洗顔料は泡立てやすい「洗顔フォーム」が一般的ですが、固形石鹸の洗顔料もあります。肌のためにはどちらのほうが良いのか、今回は洗顔石鹸のメリット・デメリットについて解説します。
美肌をつくるためには、上手に使い分けましょう。

「洗顔フォーム」と「洗顔石鹸」って、どっちが肌に良いの?
出典:byBirth

毎日の洗顔に使う「洗顔料」。あなたは「洗顔フォーム」と「洗顔石鹸」のどちらを使っていますか?固形石鹸は泡立ちにくいため、どちらかというと洗顔フォームを使っている人のほうが多いと思います。

では「洗顔フォーム」と「洗顔石鹸」は、どちらのほうがお肌にとって良いのでしょうか?どちらにもそれぞれメリット・デメリットがあり、一概にどちらが良いとは言えません。そのため、洗顔料にどのような効果を期待するのか、自分の肌質に合っている洗顔料はどちらかなどによって、上手に使い分けるのがおすすめです。

この記事では、「洗顔フォーム」と「洗顔石鹸」の違いや使い分け方法について解説します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

洗顔石鹸のメリット

まずは、洗顔石鹸を使うメリットからご紹介します。洗顔フォームと比べて良い点についても併せて解説しますので、洗顔石鹸が気になっている人はチェックしてみてください。

添加物が少ないので肌にやさしい

出典:byBirth

固形石鹸に使われている原料は、とってもシンプル。天然の油脂を原料として、添加物はほとんど使われていません。

洗顔フォームの場合は、肌に刺激を与えやすい合成界面活性剤をはじめとして、防腐剤や香料、着色料などがたくさん使われています。しかし、洗顔石鹸の場合は余計な成分がほとんど配合されていないため、肌にやさしいのが特徴です。

汚れをスッキリ落とせる

出典:byBirth

洗顔石鹸は洗浄力が強めなので、毛穴の汚れや皮脂汚れなどをスッキリ落とせることがメリットです。洗い上がりがサッパリしているので、汚れをしっかり落としたい人には洗顔石鹸をおすすめします。

汚れを落とすだけでなく、すすぎ残しも少ないことがメリット。洗顔料が肌の表面に残ってしまうと、それがニキビなどの肌トラブルの原因になってしまいます。

しかし、洗顔石鹸ならすすぎ残しが少ないため、洗顔料が肌に残ることも少なく、肌トラブルを防ぐこともできます。

比較的コスパが良い

洗顔石鹸は、比較的コスパが良いことがメリットです。数百円〜5,000円以上のものまで価格の幅は広いですが、比較的リーズナブルな商品が多いです。

また、洗顔フォームの場合には、必要量よりも出しすぎてしまったら戻すことができませんが、洗顔石鹸なら出しすぎることもありません。

1回あたりの使用量も少なくて済み、減っていくのが目で見えるのもわかりやすいですね。

洗顔石鹸のデメリット
出典:byBirth

では、洗顔石鹸のデメリットには、どのようなことがあるのでしょうか?メリット・デメリットを比較して、どちらを使うかを検討してみてください。

洗顔フォームに比べると泡立ちにくい

出典:byBirth

「洗顔フォーム」と「洗顔石鹸」のもっとも大きな違いは、泡立ちです。洗顔フォームに比べると洗顔石鹸のほうが泡立ちにくいため、洗顔フォームを使っている人が多いのでしょう。

泡立てることによって肌への刺激を抑えられ、洗浄力もアップするため、洗顔料を泡立てることは大切です。

とはいえ、最近はさまざまな泡立てグッズが販売されているので、それらを使えば洗顔石鹸でも十分にモコモコ泡を作ることができますよ。

保管・管理がむずかしい

洗顔石鹸のデメリットは、水に濡れた状態のまま保管しておくとドロドロに溶けてしまうことです。溶けてしまうと減りが速くなるのはもちろん、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。そのため、保管スペースを確保することや管理方法がむずかしいことがデメリットです。

洗顔石鹸の正しい保管方法は、水気を切り、風通しが良く適温に保たれた場所に置いておくことです。

洗顔後に肌がつっぱりやすい

洗顔石鹸のデメリット3つめは、洗顔後に肌がつっぱりやすいことです。洗顔石鹸はアルカリ性の原料が使われているため、弱酸性のお肌との反応でつっぱりを感じやすくなります。

しかしこれは、お肌が弱酸性に戻ろうとしているだけなので、ごく自然な反応。敏感肌の人でないなら、とくに問題はないでしょう。

肌にやさしい洗顔石鹸の選び方とおすすめの洗顔石鹸

では、洗顔石鹸の選び方についてご紹介します。肌にやさしい洗顔石鹸の選び方と、おすすめ洗顔石鹸を見ていきましょう。

透明の石鹸のほうが保湿効果は高め

出典:byBirth

洗顔石鹸を使いたいと思っても、洗浄力の強さが気になる人もいることでしょう。そんな人には、透明の石鹸がおすすめです。

透明や半透明の洗顔石鹸には、保湿成分が多く含まれていて、水分量も多いため保湿効果が高めです。そのため、肌への刺激も少ないと言えるでしょう。

肌質に合った石鹸を選ぶ

洗顔石鹸は、自分の肌質に合ったものをチョイスしましょう。オイリー肌や普通肌の人は、不透明の洗顔石鹸のほうがおすすめです。汚れをしっかり落としてくれるため、肌トラブルを防ぐことができます。

一方、敏感肌や乾燥肌の人は、透明の洗顔石鹸がおすすめです。保湿効果が高く、洗浄力も弱めなので肌への刺激を軽減できます。

おすすめ洗顔石鹸を紹介

きめ細やかな泡でやさしくスッキリ洗い上げてくれるのが「ちふれ(CHIFURE)」の「洗顔 石けん」。美容成分が配合されていて保湿効果が高いのに、コスパがかなり良いのが魅力です。

洗顔石鹸を使うことに抵抗がある人は、まずはちふれの洗顔石鹸から試してみると良いかもしれません。

洗顔石鹸と洗顔フォームを上手に使い分けて美肌になろう!

洗顔石鹸のメリット・デメリットについてご紹介しました。洗顔フォームと比べても、良い部分と悪い部分があるため迷ってしまいますが、自分に合ったものを使いましょう。

洗顔フォームと洗顔石鹸を上手に使い分けて、美肌をキープしてくださいね。