敗れたペルシアンナイト(カメラ・朝田 秀司)

写真拡大

 ◆第37回マイルCS・G1(11月22日、阪神・芝1600メートル、良)

 G1馬8頭を含む17頭立てで争われ、断然1番人気のグランアレグリア(牝4歳、美浦・藤沢和雄厩舎、父ディープインパクト)がクリストフ・ルメール騎手を背に、最後の直線で抜群の瞬発力を披露して外から差し切り、安田記念、スプリンターズSに続くG1・3連勝で、G1・4勝目を挙げた。同一年の春秋マイルG1制覇は史上8頭目。牝馬のVは08年ブルーメンブラット以来、12年ぶり6頭目となった。勝ち時計は1分32秒0。

 3番人気で、昨年の最優秀短距離馬インディチャンプ(福永祐一騎手)が3/4馬身差の2着、5番人気のアドマイヤマーズ(川田将雅騎手)がさらに首差の3着に続いた。

 戸崎圭太騎手(ヴァンドギャルド=6着)「課題のスタートも出て、いいところにつけられた。直線はじりじり伸びているけど、前にはちょっと届かなかった」

 大野拓弥騎手(ペルシアンナイト=7着)「思っていたより落ち着いた流れになったぶん、前で決着する競馬になってしまいました。この馬もしっかり反応して、いい走りはしたんですが」

 藤岡佑介騎手(ベステンダンク=9着)「枠を生かして上手に立ち回ってくれましたが、残り600メートルで一気に速くなって…」

 松山弘平騎手(サウンドキアラ=10着)「内で流れに乗せたかったので、外枠が少し厳しかったです」

 酒井学騎手(メイケイダイハード=11着)「最近は行きっぷりが良く、正々堂々とした競馬ができました。レース前に落ち着きがあり、当日輸送も合うんでしょう」

 藤岡康太騎手(アウィルアウェイ=12着)「いつもより少し前めで、リズム自体は悪くなかったけど、上がりの速い競馬になった。この馬も脚は使っているんですが…」

 津村明秀騎手(ケイアイノーテック=13着)「自分の競馬に徹したけど、前が止まらなかった。上位陣は強いですね」

 石橋脩騎手(タイセイビジョン=14着)「ある程度外めの枠でもポションが取れて、折り合いもつきました。いい形で直線へ向いたけど、このクラスで一気にペースが上がると、(手応えが)渋くなってしまった。これがいい経験になってくれれば」

 幸英明騎手(ブラックムーン=16着)「自分の競馬をしたんですが…。止まっているわけではないんですけどね」

 池添謙一騎手(カツジ=17着)「好位で進められたし、やりたいレースはできました。4角手前で苦しくなってしまいました」