グランアレグリア、インディチャンプに続き、アドマイヤマーズ(左から3頭目)が3着(カメラ・朝田 秀司)

写真拡大

 ◆第37回マイルCS・G1(11月22日、阪神・芝1600メートル、良)

 G1馬8頭を含む17頭立てで争われ、断然1番人気のグランアレグリア(牝4歳、美浦・藤沢和雄厩舎、父ディープインパクト)がクリストフ・ルメール騎手を背に、最後の直線で抜群の瞬発力を披露して外から差し切り、安田記念、スプリンターズSに続くG1・3連勝で、G1・4勝目を挙げた。同一年の春秋マイルG1制覇は史上8頭目。牝馬のVは08年ブルーメンブラット以来、12年ぶり6頭目となった。勝ち時計は1分32秒0。

 3番人気で、昨年の最優秀短距離馬インディチャンプ(福永祐一騎手)が3/4馬身差の2着、5番人気のアドマイヤマーズ(川田将雅騎手)がさらに首差の3着に続いた。

 川田将雅騎手(アドマイヤマーズ=3着)「僕が乗せていただいた3回の中で、圧倒的に具合が良かったです。この馬本来の走りができたと思います。それ以上に強い馬がいたということでしょう。精いっぱい頑張ってくれました」