インディチャンプ(中央)を外から差し切るグランアレグリア(撮影・佐々木彰尚)

写真拡大

 「マイルCS・G1」(22日、阪神)

 初めて阪神競馬場で行われた秋のマイル王決定戦を制したのは、圧倒的1番人気のグランアレグリア。好スタートを決めて、好位5番手を追走。直線は前が壁になったが、慌てることなく、満を持してスパート。先に抜け出した3番人気のインディチャンプをかわし、G1を3連勝&春秋マイルG1連覇を果たした。勝ちタイムは1分32秒0。

 ルメールは「いいスタートを決めて、すぐにいいポジションを取れました。ずっとリラックスして走っていましたね。直線はいいタイミングで外に出せず、我慢しなければなりませんでしたが、ラスト150メートルでスペースに持ちだし、すごくいい脚を使ってくれました。大人になり、パワーを全部使えるようになりました。来年もとても楽しみです」と笑顔で話した。

 3着には5番人気のアドマイヤマーズが入った。