西村優菜らが最終戦初出場!(撮影:村上航)

写真拡大

<大王製紙エリエールレディス 最終日◇22日◇エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)◇6545ヤード・パー71>
「大王製紙エリエールレディス」が終了し、2020年の最終戦となる「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」の出場権を得た39人が決まった。
今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により多くの試合が中止となったことから、出場権のレギュレーションが以下の通り変更された。
【2020年度「JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」出場資格】
1、当該年度のJLPGAツアー優勝者
2、当該年度USLPGAツアー優勝のJLPGA会員
3、当該年度9月22日時点のロレックスランキング上位30位までのJLPGAの会員
4、当該年度10月27日時点のロレックスランキング上位90位までのJLPGAの会員(新設)
5、大会開催前週までの当該年度JLPGA賞金ランキング上位30位までの者
6、大会開催前週までの当該年度メルセデス・ランキング上位30位までの者
初出場を決めた西村優菜は「今年の初めに出場することを目標とした大会ですし、特別な大会なので出場できてうれしいです」と喜びを口にした。「宮崎カントリークラブは初めてですし、コーライ芝のコースではあまり回ったことがありません。テレビで見ていても硬いのが分かるくらいセッティングが難しく、いいショットで挑まないとダメ。しっかりと準備していきたい」と活躍を誓った。
また、20日(金)に発表された、2020-21年シーズンの21年ぶんの大会で、総出場人数が増えた場合の“増枠”ぶんの出場者を決める増枠予選会に出場する選手は、リコーカップが増枠予選会のファーストステージとの日程が重なるため、ファーストステージは免除となる。こちらは野澤真らが該当する。
【有資格者リスト】
渡邉彩香、笹生優花、小祝さくら、永峰咲希、古江彩佳、原英莉花、稲見萌寧、申ジエ、西村優菜、渋野日向子、鈴木愛、ペ・ソンウ、上田桃子、イ・ミニョン、河本結、比嘉真美子、有村智恵、藤田さいき、若林舞衣子、菊地絵理香、酒井美紀、李知姫、全美貞、イ・ナリ、野澤真央、濱田茉優、三ヶ島かな、仲宗根澄香、田中瑞希、淺井咲希、田辺ひかり、金澤志奈、西郷真央、木村彩子、穴井詩、蛭田みな美、勝みなみ
※有資格者で欠場決定済み
インビー・パーク、畑岡奈紗、フォン・シャンシャン、アン・ソンジュ

<ゴルフ情報ALBA.Net>