竹下(下)に強烈なエルボーを叩きこむ佐々木

写真拡大

 DDTのシングルリーグ戦「D王GRAND PRIX」が22日、東京・後楽園ホール大会で開幕し、Aブロックで爛リスマ畉粥耕畋臺紂複械機砲エース・竹下幸之介(25)を下して白星発進を飾った。

 試合はこの日誕生日を迎えた佐々木が序盤から躍動。顔面をかきむしるラフ殺法でペースを握ると、カウンターの佐々木式ウラカン・ラナでいきなりピンフォール寸前まで追い込む。

 竹下のテキサスクローバー式ジャイアントスイング、垂直落下式ブレーンバスターでピンチに陥る場面もあったが、最後は必殺のクロスオーバー・フェイスロックでタップを奪った。

 意気揚々とバックステージに現れたカリスマは「見ての通り、有言実行。このまま俺が全勝優勝だ」と満足げに話すと「竹下は何か迷いがあるんじゃねえのか?だったらダムネーションに来ればいい」とエースを堂々と爛好ウト瓩靴拭

 敗れた竹下は「ホントに甘い。こんなんじゃ一生、秋山準を超えられない」とうなだれ、佐々木の誘いに対しては「それも自分を変える1つの道なのかもしれない」と含みを持たせて控室に消えた。