キャラクターデザイン担当の吉田健一によるティザービジュアル (C)MITSUO ISO/avex pictures・地球外少年少女製作委員会

写真拡大

 「電脳コイル」の磯光雄監督の最新オリジナルアニメ「地球外少年少女」が、2022年初春に公開予定であることがわかった。18年に作品構想が明かされていたが、このほどスタジオが新設され、作品制作が本格始動したことが発表。あわせてティザービジュアルも披露された。

 本作は、「電脳コイル」の原作・監督として知られ、「新世紀エヴァンゲリオン」テレビシリーズでは設定や脚本も手がけた磯の2作目となるオリジナルアニメ。「交響詩篇エウレカセブン」シリーズや「ガンダム Gのレコンギスタ」の吉田健一がキャラクターデザインを務め、吉田が描き下ろしたティザービジュアルには、無重力空間を漂うキャラクターや物語の舞台となる宇宙ステーションが配されている。

 本作制作のために、スタジオ「Production +h.」が新設され、エイベックス・ピクチャーズ、アスミック・エースほかの出資で制作がスタート。公式Twitterも開設され、制作現場レポートの配信を予定している。