実は女の子に削除されてしまっているLINE9パターン

写真拡大

気になる女の子のLINEのIDをゲットしたからといって浮かれてはいけません。たった一回のやりとりで、女の子をゲンナリさせてしまう恐れもあります。では、男性からどんなLINEが送られてきたとき、すぐに削除したくなるほどの嫌悪感を女の子は抱くのでしょうか。オトメスゴレンの女性読者のみなさんに聞いてみました。

【1】特に用事もないのに「今何してる?」などと聞いてくるLINE
「何しててもいいじゃん。彼氏でもないのに。」(20代女性)という意見のように、彼氏きどりをしていると勘違いされてしまうようです。「今何してる?」とLINEで聞くのはかなり親しくなってからにしましょう。

【2】「エッ…(・_・;)」「え」など意味のよくわからない一言LINE
「普通に返信してほしい。意味がわからない。」(20代女性)という意見のように、意味がわかりづらい一言を送られて、イラっとするケースがあるようです。受け取る相手がわかりやすい言葉を使いましょう。

【3】「うん。」だけのそっけないLINE
「こっちは眠い目をこすってやりとりしてるのに、『うん。』だけかい!」(20代女性)という意見のように、適当な返信も女の子の気持ちを逆なでするようです。「うん。」だけではなく、キチンと女の子のLINEに対してコメントしましょう。

【4】笑わせようとして送ってきた変顔の写真
「やっている本人は楽しいのかもしれないけれど、こっちは冷静なので引く。」(10代女性)という意見のように、女の子を笑わせるための変顔が命取りになるケースもあるようです。変顔などの写メで無理に笑わせようとするのは控えた方がよさそうです。

【5】いたって普通な一日の出来事を細かく書いた日記LINE
「日記のような長い文章に付き合わされるのは嫌。」(20代女性)という意見のように、興味のない男性からの日記LINEに激しい嫌悪感を抱く女の子は少なくないようです。一日の出来事を報告するのは、その女の子と付き合ってからにした方がいいでしょう。

【6】「今日の月はキレイだね。でも君の方がキレイだよ。」のような寒いLINE
送った側はロマンチックなセリフのつもりでも、受け取る側は「ムズかゆくなる。鳥肌が立ちます。」(20代女性)のように、ドン引きするケースが多いようです。一度自分で読み返してみて、「クサいかも」と思うようなコメントは控えた方がいいでしょう。

【7】懲りすぎていて、少し気持ちが悪いスタンプ
「チョイ悪系の人から謎のゆるキャラスタンプをもらって、思わず携帯を落とした。」(30代女性)のように、男性のスタンプ使いに引く女の子も少なくありません。誰にでもわかるキャラクターやシンプルな絵柄にとどめておいた方がいいでしょう。

【8】「俺なんか生きている意味がないよね」などのネガティブなLINE
「悲劇の主人公のつもり?って思ってしまう。」(20代女性)という意見のように、ネガティブなLINEを送られた女の子は、それに付き合うのが面倒になってしまうようです。LINEでは明るい話題を提供しましょう。

【9】友達の悪口が書かれているLINE
「悪口は見ていて気分が悪くなる。甘ったれないで!」(20代女性)という意見のように、人の悪口が書かれたLINEを読んで即削除する女の子も少なくありません。人の悪口をわざわざ送ることは控えましょう。

今回ご紹介した中に、つい送ってしまったことのあるLINEはありましたか? また、他にはどのようなメッセージが女の子からすぐに削除されてしまうのでしょうか。みなさんからのご意見をお待ちしております。(外山武史)