フエキソフトクリーム(C)FUEKINORI KOGYO/EFFORT

写真拡大

 オリジナル商品の企画・制作・販売などを行うヘソプロダクション(大阪市福島区)は、心斎橋パルコ9F東急ハンズ内に「フエキショップ」をオープンさせ、ショップ限定スイーツ「フエキソフトクリーム」と「フエキアイスクリーム」を販売。同店は、どうぶつのり「フエキくん」の専門ショップで、「フエキソフトクリーム」と「フエキアイスクリーム」はどうぶつのりの容器に入ったソフトクリームとアイスクリームとなる。ネットではそのビジュアルが話題となっている。

 どうぶつのりとは、明治19年に創業した不易糊工業が製造するでんぷんのりで、赤い帽子を被った黄色い犬の容器に入った商品。ロングセラー商品のため、幼少期に手に取ったことがある人も多いだろう。のり以外の文房具や、コスメでも「フエキくん」グッズを展開しており、いちキャラクターとして人気を集めている。

 同店で発売となった「フエキソフトクリーム」では、4つのどうぶつの容器(イヌ・ウサギ・ゾウ・抹茶フエキくん)から好きなものが選べ、味はバニラ、バニラ&ストロベリー、バニラ&チョコレート、プレミアム抹茶の4種となっている。どうぶつの容器にソフトクリームが入った商品ビジュアルは、ネットで注目を集め「ああああなにこれいきたい フエキちゃんソフトいいなぁ!」「行きたい。ソフトクリーム可愛いww」などとネットユーザーのハートを掴んだ。

 一方で、のりを連想させる容器に「フエキくんソフトw可愛いけど何かこう、それ食べていいの?!みたいな感じが〜」「フエキくんの容器にソフトクリーム乗ってると混乱する」「容器はフエキ君の糊?あの容器でか?笑」と戸惑う声も続出。馴染みのある品だけに、のりのイメージが抜けないといったコメントが目立った。

 ちなみ、ヘソプロダクションでは今年5月、「はちみつアラビック!?ヤマト」という商品を発売している。こちらはヤマトのロングセラー液状のり「アラビックヤマト」と同じ容器を使用したはちみつで、ユニークな見た目と塗りやすさで人気を集め、WEBでの先行販売が始まると初回製造分がすぐに完売した。この商品も「ヤマトのりの匂いが思い出されて、どうしてもはちみつな気がしなくて困惑…」「これほしい!でも間違えそうw」と話題を呼んだ。