『劇場短編 仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本』/『劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』ビジュアル
 - スーパーヒーロープロジェクト (C) 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

写真拡大

 特撮ドラマ「仮面ライダーセイバー」「仮面ライダーゼロワン」の12月18日に同時公開される劇場版のタイトルが『劇場短編 仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本』/『劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』であることが明らかになり、本予告映像とビジュアルが公開になった。

 『劇場短編 仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本』予告編では、谷口賢志演じるバハト/仮面ライダーファルシオンが映像として初公開された。不敵な笑みを浮かべながら、「この世の終焉だ」とつぶやくバハトが炎をまといながら仮面ライダーファルシオンに変身。そして、破滅の本を解放した不死身の剣士・バハトに対し、6人の仮面ライダーが世界を救うため立ち向かう。

 一方の『劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』は、世界滅亡までの60分間の物語を仮面ライダーたちと共に戦う、体感型サスペンス。新たに公開されたビジュアルの中心にはゼロワンとゼロツーという同時に存在しないはずの2人の仮面ライダーが並んでいるが、その理由とは。また、今まで謎に包まれていた本編の内容が予告編で明かされた。世界滅亡を図り、信者を集め「楽園ガーディア」の創造主を名乗るエス/仮面ライダーエデン。同時多発テロにより人々が次々と倒れ世界中が大混乱に陥る中、エスを止めるべく立ち上がる或人。まさに「ゼロワン」最後の死闘を思わせる仕上がりだ。

 なお、両作品の上映時間は『劇場短編 仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本』が約20分、『劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』が約80分を予定している。(編集部・小山美咲)