男子テニス、ATPファイナルズ7日目。勝利を喜ぶダニール・メドベージェフ(2020年11月21日撮影)。(c)Glyn KIRK / AFP

写真拡大

【AFP=時事】男子テニス、ATPファイナルズ(ATP Finals 2020)は21日、7日目が行われ、大会第4シードのダニール・メドベージェフ(Daniil Medvedev、ロシア)が第2シードのラファエル・ナダル(Rafael Nadal、スペイン)を3-6、7-6(7-4)、6-3で破り、決勝進出を果たした。

 ナダルとの激戦を制したメドベージェフは、もう一方の試合でノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic、セルビア)を7-5、6-7(10-12)、7-6(7-5)で倒したドミニク・ティエム(Dominic Thiem、オーストリア)と決勝で顔を合わせる。

 一方、世界ランキング2位のナダルは第2セットでサービングフォーザマッチを迎えたが勝利を逃し、初優勝の夢がついえた。

 先日のパリ・マスターズ(Rolex Paris Masters 2020)を制して最も勢いに乗っている様子のメドベージェフはこの日、序盤からナダルのサーブにプレッシャーをかけたがチャンスをものにすることができず、逆に自分のレベルが落ちた隙にラブゲームでブレークを許して3-5とされ、そのまま第1セットを奪われた。

 それでも、メドベージェフは第2セットに入るとすぐに集中力を取り戻してラブゲームキープのスタートを切ると、ナダルのダブルフォールトで続くゲームをブレーク。快調に進んでいるように見えたが、ナダルにその後2度のブレークを許して試合の主導権を奪い返されると、サービングフォーザマッチのピンチを迎えた。

 しかし、ここでナダルがラブゲームでブレークを許す驚きの展開となると、最終的にタイブレークで第2セットを奪ったメドベージェフが、第3セットでも第7ゲームで決定的なブレークをもぎ取り、見事な勝利を手にした。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
ティエムがジョコビッチとの激闘制す ATPファイナルズ決勝進出
メドベージェフ3連勝、準決勝はナダルと ATPファイナルズ
【写真特集】テニス最終戦の歴代優勝者、2007年以降