自宅がバレる危険も…iPhoneで写真の「位置情報」を消す方法・残さない方法

写真拡大 (全7枚)

こんにちは、iPhoneやMac、Webサービスを使った「生活に活かせる実用的な活用術」を紹介しているブロガー兼Webディレクターのばんかです。

iPhoneで撮影した写真には、実は「撮影した場所」という情報が含まれています。普段目にする機会はあまりありませんが、やろうと思えば、その写真がどこで撮られたものかを特定することも可能です。これがあるから、Googleフォトなどでは地図から写真を探すことができるわけです。

しかし一方でリスクも。自宅の写真や家族の写真から、自分の生活圏・自宅の場所がバレてしまう可能性も無くはない。取り扱いには気をつけたいところです。

そこで、iPhoneでの撮影時に位置情報を残さない方法と、写真に含まれている位置情報を削除する方法の2つをご紹介します。

撮影する写真に位置情報をいれない方法

最初は、これから撮影する写真に位置情報を残さないようにする設定です。

▼1
iPhoneの設定アプリを開いて、その中にある「プライバシー」を選択します。

▼2
「位置情報サービス」をタップします。

▼3
アプリの一覧の中から「カメラ」を選択。位置情報の利用許可を「なし」にします。

これで、今後はiPhoneで写真を撮影しても、位置情報が含まれないようになりました。

すでに撮影した写真の位置情報を消す方法

次に、すでに撮影した写真の位置情報を削除する方法をご紹介します。

iPhoneの機能だけでは削除することはできないため、ここでは無料Webアプリ「Squoosh」を活用します。

「Squoosh」はGoogleが提供している画像圧縮ツール。写真の画質・品質を落とすことなく、写真の容量だけを小さくしてくれるWebアプリです。

登録不要で誰でも無料で使えますので、ぜひ活用してみてください。

▼1「Squoosh」のWebページにアクセスします。

▼2
「select an image」をタップ。表示されたポップアップから「フォトライブラリ」を選択します。

▼3
カメラロールの中から位置情報を消したい写真を選択。そのまま右下の「選択」ボタンをタップします。

▼4
画面下の「Bottom(Moz.JPEG)」をタップ。すると、圧縮された画像をダウンロードできます。ダウンロードされた写真は、カメラロールではなく、ファイルアプリのダウンロードフォルダに入ります。

これによって、写真の容量を大きく減らしつつ、位置情報を含めた写真のmeta(メタ)情報を消すことができます。

写真の位置情報を消すためのアプリは他にもあります。しかし個人的には「Squoosh」をおすすめしたいですね。これを提供しているのがGoogleということがあり、非常に安心できます。
(文:ばんか(インターネットサービスガイド))