「前半15分からの日本のプレーはすばらしかった。パナマ戦からのシステムの変更が功を奏していた。しかし後半になって、そのよさが跡形もなく消えてしまった」

 スペイン人指導者、ミケル・エチャリは、日本がメキシコに0−2と敗れた試合について端的に指摘している。

 エチャリはハビエル・アギーレ元日本代表監督など、多くのメキシコ人指導者とも親しい。中南米での監督講習にも何度も招かれてきた。レアル・ソシエダの強化部長時代は、メキシコ人選手もスカウティング。戦略分析担当だった時代には、日本戦でもプレーしたDFエクトル・モレノがレアル・ソシエダでプレーしていた。

 そのエチャリは、どのようにメキシコ戦を分析したのか。


後半は防戦一方となってしまった日本代表のメキシコ戦

「日本はパナマ戦の3−4−2−1から4−4−2(4−2−3−1というより、両サイドの位置が鎌田大地より低いので)にシステムを変え、メキシコに挑んでいる。メキシコの4−3−3とのかみ合わせを考えれば、悪い変更ではなかった。オーソドックスな布陣で構えることで、相手の隙を見つけ、ペースをつかむことができた。

 もっとも、序盤はメキシコが組織として落とし込まれたハイプレスからペースをつかんだ。アンカーのルイス・ロモがバックラインに入って、ビルドアップに参加し、インサイドハーフがパスコースを作り、サイドバックが高い位置を取って、ポゼッションでも優勢だった。熟練したチームの印象を与え、各選手のポジションバランスがよく、日本を苦しめた。

 しかし、日本は10分にボール奪取から鎌田が絶好機を作り(このときは鈴木武蔵の入り方が遅かった)、11分に原口元気がGKのセービングを繰り出させるミドルシュートを放つなど、裏を突く形でペースを奪い始める。15分を過ぎると、日本はそれぞれのラインがいい距離感を保ち、メキシコのプレッシャーを回避。ポゼッションを挽回すると、ボランチの遠藤航がボールを動かし始め、柴崎岳がそれを援護する形になった。

 プレーのカギを握っていたのは、鎌田大地である」

 エチャリは序盤の攻防を如実に説明しつつ、鎌田のプレーセンスのよさについて言及した。

「鎌田はトップから中盤まで幅広く動いている。巧妙にボールを引き出し、中盤に数的優位を与えつつ、攻撃を展開してみせた。前半15分、鎌田が中盤でプレーを作って、原口元気までボールが渡り、横パスを出すと、鈴木はGKと1対1になったが、これはシュートを当ててしまった。

 その後も日本の攻撃はほとんどすべて鎌田が作っていた。特に遠藤との呼吸は合っていた。右サイドでボールを受け、左サイドを走る原口元気に展開したロングパスも極上だった。

 ところが、後半になって日本は再び主導権を譲り渡してしまったのだ」

◆「ミケル・エチャリのパナマ戦レポート」>>

 日本はメキシコのハイプレスを回避することで、チャンスを作り出していた。だが、メキシコの強度を増した攻守によって、ボールを握れなくなって、ラインが下がってしまう。すると、前線との距離が広がり、鎌田も孤立した。

「日本のプレッシング強度が下がってしまい、メキシコに凌駕された。ゴール前まで何度もボールを運ばれ、何本もシュートを浴びている。後半10分前後になると、失点の気配が濃厚に漂っていた。そして後半18分、ペナルティエリアでボールを運ばれ、ゴールエリアにまで侵入され、ラウル・ヒメネスにシュートを打たれている。守備は崩されており、必然の失点だ。

 その5分後には、あられもない失点を喫している。自陣で奪われたボールから、たった2本のパスで、あろうことかインサイドをイルビング・ロサーノに抜け出られてしまい、完全なGKとの1対1を決められた。一瞬の間に、ディフェンスのミスがいくつも重なっており、検証が必要なシーンだ。

 一番気になったのは、先制点を奪われる前からチームが活気を失い、勝利へのリーダーシップを感じることができなかった点だろう。また失点後、必要な反発力も見せられていない。2失点目は、その結実だったと言える。

 0−2とされて、日本はかろうじてリズムを取り戻したが、そこからの選手交代でまたしても流れを見失っていった。GKシュミット・ダニエルの好セービングがなかったら、瓦解していたかもしれない。交代出場の久保建英は、可能性を感じさせたものの、得点を奪うことはできず、流れを変えるには十分ではなかった」

 親日家であるエチャリだが、厳しい指摘をためらわない。今までもそれは核心を突いてきただけに、傾聴に値する。そして、将来に向けて強い戒めの言葉を送った。

「メキシコの選手たちは、ひとつのクラブのようにプレーしていた。連帯感があった。後半になって一丸となって巻き返しに挑み、戦術、技術、体力を向上させていた。

 厳しいようだが、日本は決めるべきところで決められず、ミスから失点を重ね、反発力を見せられなかった。これは必然の敗北である。来年に向けて、検証が急務となるだろう」