渋野日向子、3日目は「69」でフィニッシュ(撮影:上山敬太)

写真拡大

<大王製紙エリエールレディス 3日目◇21日◇エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)◇6545ヤード・パー71>
国内女子ツアー「大王製紙エリエールレディス」の第3ラウンドが進行中。連覇がかかる渋野日向子は3バーディ・1ボギーの「69」と2つ伸ばし、トータル3アンダー・15位タイでホールアウトしている。
前半では1バーディ・1ボギーと伸ばせず。後半に入ると、11番パー5から連続バーディを奪取。17番パー5ではティショットを池に入れるも、約6メートルのパーパットを沈めてピンチをしのいだ。
トータル10アンダー・単独首位にルーキー・古江彩佳。3打差2位タイに西村優菜、笹生優花が続いている。
上田桃子が16番パー3(190ヤード)のティショットを7番アイアンで打ち、自身ツアー3度目となるホールインワンを達成。トータル6アンダー・6位タイまで浮上している。上田には賞金として500万円(複数名達成の場合は均等割り)が贈られる。
今季3戦目のイ・ボミ(韓国)は17ホール消化時点で、トータル1アンダー・24位タイにつけている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>