TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」全28話をAbemaで無料一挙配信 原作「直観」発売記念

写真拡大 (全2枚)

(C)2006 谷川 流・いとうのいぢ/SOS 団
(C)2007,2008,2009 谷川 流・いとうのいぢ/SOS 団

谷川流氏による小説「涼宮ハルヒ」シリーズの約9年ぶりとなる最新作「涼宮ハルヒの直観」が11月25日に発売されることを記念し、Abemaでテレビアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」の無料配信が決定した。11月21日午後2時からAbemaのアニメLIVEチャンネル(https://abema.tv/channels/anime-live/slots/E8LS8AuWzNReNT)で一挙配信されるほか、Abemaビデオでも同日から全話配信が行われる。

「涼宮ハルヒ」シリーズは、「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい」と公言した女子高生・涼宮ハルヒを中心に展開するSF学園ストーリー。世界の不思議を追い求めるハルヒは、クラスメイトのキョンとともに「SOS団(世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団)」を結成するが、そこに集まったのは本物の宇宙人、未来人、超能力者だった。キョンは、無自覚ながら世界を作り変える力をもつというハルヒをめぐって集まった団員たちとともに、巻き起こるさまざまなトラブルを水面下で解決すべく奮闘する。

テレビアニメ版「涼宮ハルヒの憂鬱」は、京都アニメーション制作で2006年に全14話が放送されて人気を博し、09年には新規エピソード14話を加えた全28話として再度オンエアされた。このほど無料配信されるのは09年版で、筋書きはおおむね共通しつつも細部が異なるエピソードを8週にわたって放送した「エンドレス・エイト」全8話や、SOS団による自主映画制作にまつわるアクシデントを描いた「涼宮ハルヒの溜息」全5話などが追加されている。