高校生に、将来なりたい職業についてアンケートを実施しました。
この記事では、TOP10にランクインした一つ一つの職業について、仕事内容から将来性、そのための進路や適性まで、詳しい情報をお伝えしていきます。今回フォーカスするのは、第5位の「一般事務」です!

この記事のポイント

高校生 なりたい職業ランキングTOP10 一般事務って、どんなオシゴト? 一般事務の働き方って、どんな感じ? 一般事務員の給料って、どれくらい? 一般事務の将来性は? 一般事務に向いているのはどんなタイプ?適性は? 一般事務になるには、どうすればいいの?

高校生 なりたい職業ランキングTOP10

1位 地方公務員
2位 看護師
3位 保育士
4位 国家公務員
5位 一般事務
6位 ファッションデザイナー
7位 歌手・ミュージシャン
8位 ゲームクリエーター
9位 薬剤師
10位 技術系研究・技術者

意外に堅実な職業から、表現・クリエイティブ系の職業まで多彩なラインナップになっています。
高校生には、未来に向かって自分らしく、興味や関心を追いかけてもらいたいもの。そのためには、情報収集も欠かせませんよね。

一般事務って、どんなオシゴト?

帳簿の作成や文書の整理をはじめ、事務作業は多種多様

どのような企業でも事業をスムーズに進めるためには、帳簿や伝票への記入、文書の整理など一般的な事務の仕事が欠かせません。このように、日常的にオフィスで発生する多種多様な事務作業を担当するのが一般事務員です。その業務内容は幅広く、勤務先や部署によっても異なります。一般的には、文書の作成、伝票への記入、書類の点検など「書く」「計算する」「点検する」といった作業を担当することが多いようです。
なお、勤務先によっては事務的な仕事のほかに、総務・秘書・受付などを兼ねた業務を任されることもあります。また、来客への対応やお茶だし、給湯室の片付けなど補助的な作業を受け持つ場合もあるようです。

一般事務の働き方って、どんな感じ?

安定した就業サイクル

一般事務は官公庁、民間を問わず、事業を営むところでは必ず発生する仕事であるため、職場は全国にわたっています。就業時間は通常、朝9時〜夕方6時くらいまでで、週休2日制が一般的です。就業のサイクルは比較的安定しているといえるでしょう。ただし、月末など、書類提出や支払いの締め切りが集中する時期は残業になることもあるようです。

一般事務員の給料って、どれくらい?

初任給 約19万6000円
(大卒・2015年 人事院調べ)

一般事務員の給料は、勤務先によっても異なるため、上は一例にすぎません。経験の有無や勤務形態によって異なることも多いようです。

一般事務の将来性は?

ニーズは安定。派遣社員や契約社員としての勤務形態も増えている

一般事務は、業種や規模を問わず、企業からのニーズは安定している職業といえます。近年では、正社員の割合が減り、派遣社員や契約社員として勤務する形態が増える傾向にあります。

一般事務に向いているのはどんなタイプ?適性は?

スキルアップを心がけるなど、向上心のあるタイプが向いている

パソコンを使ったデータ処理や文書作成、簿記、英会話など、一般事務の仕事は多岐に渡っているため、さまざまな能力を備えていると有利な場面もあります。そのため、自分の能力を磨くことに意欲的で、向上心のあるタイプが向いているといえます。また、電話や接客の対応など、社内外の人たちと接する機会も多いため、一般的なビジネスマナーをしっかり身につけておくことも大切です。周囲への気配りや思いやりといった素質も歓迎されることが多いでしょう。

続いて、一般事務になるためのコースについて考えてみましょう。関連する資格もあわせてご紹介します。

一般事務になるには、どうすればいいの?

パソコンの基本的なスキルが必要

一般事務に必須の資格はありません。ただ、主にパソコンを使っての仕事になるため、Word、Excel、PowerPointなどのパソコンソフトの基本操作ができるといいでしょう。
また、接客、電話応対などのビジネスマナーを身につけておくと役立ちます。

パソコンの各ソフトの技能を証明する資格としては、以下のようなものがあります。

コンピュータサービス技能評価試験/Word文書処理技能認定試験/Excel表計算処理技能認定試験/Accessビジネスデータベース技能認定試験/PowerPointプレゼンテーション技能認定試験

各試験の最上位の級はビジネスシーンを想定した試験内容となっているので、合格してから就職すれば、即戦力として活躍することも可能です。
そのほか、ビジネス・キャリア検定など、一般事務で必要となる知識の習得と実務能力の評価を目的とした検定もあります。このような検定をスキルアップに利用するのも一手です。

まとめ & 実践 TIPS

高校生のなりたい職業5位の一般事務は、あらゆる事業に必要な事務作業に従事する職業です。ことに、文書の作成、伝票への記入、書類の点検など「書く」「計算する」「点検する」といった作業を担当することが多いため、Word、Excel、PowerPointなどのパソコンソフトの基本操作ができることが望ましいとされています。近年では派遣社員や契約社員の形態で働くケースも増えていますが、業種や規模を問わず、ニーズは安定しています。社内外の人たちと接する際のビジネスマナーをきちんと身につけたうえで、自らの能力を磨き続ける向上心を備えたタイプが求められている様子です。

「一般事務の仕事に就きたい!」と考えている高校生は、どんなところに魅力を感じているのでしょうか?この情報も手がかりのひとつにして、夢に向かって進み続けてくださいね!

出典:マナビジョン 職業情報 事務系 一般事務
https://manabi.benesse.ne.jp/shokugaku/job/list/237/index.html?utm_source=kj&utm_medium=banner&utm_campaign=manabi

人事院「民間給与の実態(平成27年職種別民間給与実態調査の結果)」内「初任給関係職種の職種別事業所数等及び平均初任給月額」より
https://www.jinji.go.jp/kyuuyo/minn/minnhp/min27_index.html