「露骨な岸田潰し」衆院広島3区で自公対立 菅首相と二階俊博氏は静観

ざっくり言うと

  • 河井克行被告が現職の衆院広島3区に公明党が副代表の擁立を決めた
  • 公明党の擁立方針に菅首相や二階俊博氏は「黙認」を決め込んでいるという
  • 「総裁選を見据えた露骨な『岸田つぶし』」との見方が与党内で広がっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x