エンゼルスのアルバート・プホルス【写真:AP】

写真拡大

40歳の大ベテラン、プホルスがオフに行っているトレーニング姿が話題に…

 メジャーリーグ史上最高の打者の1人として評価されるエンゼルスのアルバート・プホルス内野手。メジャーデビューから10年連続3割、30本、100打点をマークし、歴代5位の662本塁打、歴代2位の2100打点を記録する大打者だが、シーズンを終えた現在もハードなトレーニングを行う姿が米で話題になっている。

 40歳のベテランが行うハードトレーニングに誰もが目を奪われた。プホルスは自身のインスタグラムで「今日の素晴らしいワークアウトをありがとう!」とコメントを添えジムでのトレーニング動画を公開した。

 約20キロのバーに取り付けられているプレート(約20キロ)の数は左右合わせ計10枚、そしてゴリゴリの鎖……。プホルスは200キロはゆうに超えるバーベルを腹部に置き、驚異のパワーで持ち上げる「ヒップスラスト」と呼ばれるトレーニングを行い周囲を唖然とさせた。

 この姿に地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のジェフ・フレッチャー記者も自身のツイッターで「プホルスが今やGMよりも年上だということにたった今気が付いた」と驚愕。プホルスのハードトレ動画を目にしたファンも「オーマイガー」「彼はマシーンだ!」「これを見るだけで私のヘルニアが痛む」と驚きの声を上げていた。(Full-Count編集部)