飛天龍

写真拡大

 大相撲11月場所13日目(20日、東京・両国国技館)、日本相撲協会が元十両飛天龍(36=立浪)の引退届を受理したことを発表した。

 2000年春場所で初土俵を踏んだ飛天龍は、11年名古屋場所で十両に昇進したが、その後は左肩の大ケガなどで序二段まで転落。昨年12月に腰の手術を受け、今年の7月場所で4場所ぶりに復帰していた。