東京五輪代表の候補メンバーと目される選手たち。左上から時計回りに、三笘薫(川崎)、上田綺世(鹿島)、田中碧(川崎)、瀬古歩夢(C大阪)、一美和成(横浜FC)、安部柊斗(FC東京)。写真:サッカーダイジェスト写真部

写真拡大

 森保一監督の下で10・11月の合計18日間を活動した欧州組とは異なり、国内組の選手たちは新型コロナウイルスによる渡航制限とJリーグの超過密日程の影響もあって、日本代表への参加のチャンスを得られなかった。となれば、直接的なアピールの機会は減り、指揮官やコーチングスタッフと信頼関係を構築する時間も少なくなる。本大会メンバー入りを考えると不利な立場にいるのは明らかだ。

 とはいえ、今季のJでは東京五輪世代が大活躍している。史上最速優勝に王手をかけた川崎フロンターレで新人ながら12ゴールをマークする三笘薫、5得点の旗手怜央を筆頭に、ガンバ大阪の中盤を担う山本悠樹、ここからアジアチャンピオンズリーグ(ACL)に挑むFC東京の安部柊斗、中村帆高、横浜F・マリノスの前田大然ら、著しい真価を遂げている面々がいるのを忘れてはならない。

 横内昭展コーチが中心となったチームで国際試合ができるのは、2021年3・6月のインターナショナルデー(IMD)と本番直前合宿だけ。ただ、3・6月は2022年カタール・ワールドカップ(W杯)予選と重なるため、主要メンバーはA代表に参戦するが、それ以外の欧州組と国内組を融合させる貴重な場になる。本番直前も18人決定後の最終調整の機会。このままでは、滑り込みを狙う国内組にとっては不本意な状況と言っていい。

 そこで、日本サッカー協会はJリーグ全日程が終了した直後の12月下旬に国内合宿を実施する方向で調整しているという。今年オープンした千葉・幕張の高円宮記念JFA夢フィールドでU-19世代と同時期にトレーニングを行なうプランが進んでいる模様だ。

 この時期は天皇杯に参加する川崎と2位のクラブ、そして1月4日に延期されたルヴァンカップ決勝に参戦する柏レイソルとFC東京の活動が残っているが、大一番まで少し余裕があるなら、該当メンバーは数日なら代表活動に合流できるだろう。

 数少ないアピールの場で森保監督や横内コーチに「必要な選手」と認められれば、1年延期になった大舞台、そして来年9月スタート予定のカタールW杯最終予選の挑戦権を得られる。このルートに乗れれば、2年後の世界舞台参戦も見えてくるはず。国内組が「成功ロード」を切り開くためにも、協会には何としてもサバイバル合宿を開催してほしいし、選手たちにも好機を逃してほしくない。
 
 今のところ東京五輪代表の軸はA代表入りしている欧州組が担うと目されるため、彼らの手薄なポジションであれば国内組のチャンスが広がる。その筆頭がGKだ。権田修一(ポルティモネンセ)が「才能がある」と太鼓判を押した海外組の小久保ブライアン(ベンフィカU-23)も候補者の1人だが、より近いところにいるのは大迫敬介(広島)、波多野豪(FC東京)、谷晃生(湘南)らJで試合に出ている面々だろう。このうち大迫は2019年時点までレギュラー最右翼を見られたが、今季のJリーグは出たりでなかったり。それ以上に活躍が光っているのが谷だ。湘南では好セーブを連発し、存在感を高めている。U-15世代から菅原由勢(AZ)、久保建英(ビジャレアル)らとともに共闘してきた連携面を含め、アドバンテージを生かせそうだ。

 DF陣も欧州組だけは枚数が足りない。センターバック(CB)は渡辺剛(FC東京)や瀬古歩夢(C大阪)らがチャンスだし、サイドバック(SB)も橋岡大樹(浦和)や岩田智輝(大分)、古賀太陽(柏)、菅大輝(札幌)らが有望な人材がいる。特に左に関しては、昨年までは杉岡大暉(鹿島)が一歩リードという状況だったが、新天地に赴いてから出場機会が激減。菅も4バックの左SBは不慣れなため、万能型の原輝綺(鳥栖)や今季序盤戦にインパクトを残した鈴木冬一(湘南)らが浮上するかもしれない。森保監督らスタッフは欧州組との経験値や連携なども考えながら選別していくことになる。