来季の米大リーグ最低年俸が57万500ドル(約5900万円)になると19日、AP通信が伝えた。

 消費者物価指数の変動に基づき、前年比7000ドルの増額。2000年に20万ドルだった最低年俸は年々上昇を続けているが、60試合制となった今季は本来の56万3500ドルから20万8704ドル(約2169万円)に減額された。(福井浩介)