バリウムが肺に流入、女性に後遺症 緊急搬送されず「真相調べて」

ざっくり言うと

  • 福岡市で2015年、女性がバリウムを誤嚥し、肺に多量に流入したと分かった
  • 女性は救急搬送されず、バリウムが取り除けなくなり、後遺症が残ったという
  • 女性は今夏に死亡し、夫は「真相を徹底的に調べてほしい」と話している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x