アニメ『東京BABYLON 2021』のキービジュアル (C)CLAMP・ST/TOKYO BABYLON 2021 PROJECT

写真拡大

 テレビアニメ『東京BABYLON 2021』が2021年4月に放送されることが決定した。あわせてキービジュアルや第2弾PV、メインキャスト&スタッフ、主題歌情報が公開され、主人公の皇昴流役を蒼井翔太、皇北都役を水樹奈々、桜塚星史郎役を梅原裕一郎が担当する。

【動画】30年の時を経て…キャラボイスも解禁!公開された迫力のバトルシーン

 『東京BABYLON』は、漫画家集団・CLAMPの伝説的作品で、新書館の『サウス』『月刊ウィングス』にて1990年〜1993年にかけて連載されたCLAMP初期の傑作とも称される、国内コミック総売上数1億部を突破する人気作。

 陰陽師としてさまざまな霊的事件を解決していく主人公・皇昴流(すめらぎすばる)と双子の姉・北都(ほくと)、さらに謎多き人物・桜塚星史郎(さくらづかせいしろう)と、魅力的なキャラクターたちが紡ぐ人間模様、世相を映した社会派ドラマとなっている。30年の時を経て制作される今回のTVアニメでは、「2021年の東京」を舞台にストーリーが展開し、令和の時代に描かれる物語を表現する。

 メインスタッフは、監督を鈴木信吾氏と工藤進氏、シリーズ構成を熊谷純氏、キャラクターデザインを古田誠氏が務めるほか、主題歌アーティストとして、オープニングテーマを蒼井翔太、エンディングテーマを水樹奈々が担当する。

 公開された最新PVでは、昴流、北都、星史郎が戦う様子を見ることができ、キャラクターボイスも今初解禁されている。

■蒼井翔太コメント
この度、『東京BABYLON 2021』にて、皇昴流役を演じさせていただくこととなりました。CLAMP先生が手がけられた名作が時を経て、今ここに再誕します。この作品に詰め込まれている大きなテーマと、普段、僕たちが感じることの出来ないものを、2021年に生きる昴流を通して精一杯伝えられたらと思います。是非、ご期待下さい!

■水樹奈々コメント
学生時代、読んでいた作品にまさか自分が携わることになるなんて…!とても光栄です!!素晴らしい原作に、今この時代だからこその要素が追加され、それが見事に融合し、毎話胸を揺さぶられています。キャスト・スタッフ一丸となって制作中ですので、みなさんぜひ放送をチェックしてくださいね!

■梅原裕一郎コメント
桜塚星史郎という魅力あふれる人物を演じられて、うれしく思います。令和という新しい時代だからこそ、様々な問題を抱える今の社会で生きる人々のドラマを描く、新しい『東京BABYLON』をお届けできれば幸いです。全力で星史郎を演じさせて頂きますので、放送をお楽しみに。

■キャスト情報
皇昴流:蒼井翔太
皇北都:水樹奈々
桜塚星史郎:梅原裕一郎

■スタッフ情報
監督:鈴木信吾、工藤進
シリーズ構成:熊谷純
キャラクターデザイン:古田誠
総作画監督:古田誠、谷圭司
メインアニメーター:内田孝行、大久保宏
メカ・プロップデザイン:大久保宏
編集:渡邉千波
音響監督:郷文裕貴
音楽:朝倉紀行
音楽制作:キングレコード
オープニングテーマ:蒼井翔太
エンディングテーマ:水樹奈々
アニメーション制作:GoHands