カップ麺タイプのうどんは昔から販売されているので、実際に食べたことがあるという方は多いと思いますが、先日発売された「日清のどん兵衛」の新商品はもう試しましたか? まだ食べていないなら、すぐにチェックしたほうがいいかもしれません。

これからは8分どん兵衛の時代?

みなさんは以前SNSなどで話題になった“10分どん兵衛”を覚えていますか? お笑い芸人・マキタスポーツさんがラジオ番組で紹介した食べ方で、通常5分で作る「日清のどん兵衛」を10分待ってから食べると、麺がツルツルになるというもの。実際に作って食べた人たちからは、「麺がモチモチになる」や「コシがある」といった声も挙がっていました。

そんな10分どん兵衛のことを思い出してしまう商品が登場したんです。それが2020年11月16日(月)に全国で新発売された「日清のどん兵衛 限定プレミアムきつねうどん 史上最もっちもち麺」(希望小売価格:税別205円)です。

日清食品によると、この新商品は“これまでにない、もっちもち食感と太さを実現したプレミアムな逸品!”とのこと。最大の特徴は、熱湯を注いでからの待ち時間が、5分でも10分でもなく、“8分”ということではないでしょうか。

あきらかに麺のおいしさが違う!

結論からいうと、「日清のどん兵衛 限定プレミアムきつねうどん 史上最もっちもち麺」はすごくおいしいので本当におすすめです。

フタを半分程度はがし、粉末スープを入れて熱湯を注ぎ8分待つ。時間が経ったら七味をかけてできあがりです。

正直食べる前は、普段のどん兵衛とそんなに違いはないだろうなと思っていました。でも、実際に食べてみたら、想像以上の麺の仕上がり具合に驚いてしまい、むせまくる結果に…。

麺が本当にもっちもちの食感に仕上がっているし、つるみも増しているような…。さらに、太さも増しているのでくちあたりが普段のどん兵衛とはまったくの別物。カップ麺とは思えないようなおいしさです。

おもちのような特性を生み出すために、原料の一部に「もち小麦」というものを配合していたり、これまでのどん兵衛のなかで最も太い麺にしたり、昆布やかつおのだしのうまみがしっかりと感じられるつゆがこだわりポイントのようです。

こんな記事を書いていたら、また「日清のどん兵衛 限定プレミアムきつねうどん 史上最もっちもち麺」を食べたくなってきました。買ってこようかな…。

(文・奈古善晴/オルメカ)