【ロンドン共同】新型コロナワクチンを開発する英オックスフォード大のチームは19日、安全性に問題がないとする臨床試験第2段階の結果を英医学誌ランセットに発表した。免疫反応も確認されたが、発症を防ぐ有効性の評価については、現在進めている最終3段階の臨床試験終了後に結論付けるとしている。

 試験には、18歳以上の計560人が参加。一部で副作用がみられたものの、56歳以上の比較的高齢の対象者にも若年層とほぼ同様の安全性と免疫反応が確認されたという。

 同大は、英製薬大手アストラゼネカと開発を進めている。日本政府は1億2千万回分の供給を受けることで基本合意している。