フリーアナウンサーの小林麻耶と夫で整体師のあきら。氏(本人のユーチューブから)

写真拡大 (全2枚)

 フリーアナウンサーの小林麻耶(41)が12日、自身のYouTubeチャンネル「コバヤシテレビ局」でTBS系「グッとラック!」の降板を、ハイテンションで笑いながら報告した一件がくすぶり続けている。

ASKAと女性「夜な夜な動物のような音」…近隣住民が証言

 翌13日の配信で、小林は「今日は初めての方もいると思うので、ふたりで瞑想したいと思います」と夫で整体師のあきら。氏と共に突如、瞑想を開始。16日には、夫はわざと機嫌が悪そうに登場。小林が「私を洗脳してるのって聞いたんでしょ。だって洗脳されてるってなってるもん。前回の瞑想だって洗脳してたんでしょ」と問うと、夫は怒ったように画面から退出。

 その後、小林がうつむいていると「ドッキリ」と手書きしたパネルを持ち再登場し“ドッキリ企画”を演じてみせた。

「これは夫がスピリチュアル系で小林を洗脳していると報じられたことを受けての内容ですが、降板を報告する動画も含め、そのたびにネット上は困惑し、ザワついています」(芸能リポーター)

 コロナ禍も手伝い、芸能人が猫も杓子もユーチューブに参入する中、最近、こうした視聴者を困惑させる内容をそのまま垂れ流してしまう例が増えている。

地上波なら放送事故

 今年8月には、所属事務所との契約を解除し、フリーとなった歌手の華原朋美(46)が自身のYouTubeチャンネルを開設。ほぼノーメークに普段着で登場。かなりふっくらした風貌で、ろれつも回っておらず「10日間くらい眠れない日が続きましたけど食欲も戻りましたし、息子と一緒に楽しく遊んだりしております」などと報告した。これにも、「体調大丈夫ですか?」などと、コメント欄はザワついた。ITジャーナリストの井上トシユキ氏はこう話す。

「小林さんにしろ、華原さんにしろ、今まで周りにスタッフやマネジャーがいて、助言や制御がある中でやってきた人が、そうしたものがないところで、個人で衝動的に生配信してしまうとこうした例になるようです。いわゆる“炎上狙い”でもないし、内容も明らかに見せすぎだったり、グダグダだったりして、あまりに無防備だと思います。ネットの世界であれ、見ているのは自分に好意的なファンばかりではなく、公衆の面前に立っているという意識は必要だと思います」

 折しも、芸能界は所属事務所からの独立ブーム。地上派なら放送事故として扱われかねないこうした“ヤバチューブ”は、今後も増えていきそうだ。