アンドリュー・マロニー(右)と双子の兄ジェイソン【写真:Getty Images】

写真拡大

マロニー弟VSフランコ第3戦、アラム氏の意向に海外メディア「茶番劇を正す」

 ボクシングで無効試合判定に泣いた前WBA世界スーパーフライ級正規王者アンドリュー・マロニー(オーストラリア)が、来春に王者ジョシュア・フランコ(米国)へ再挑戦する可能性が浮上した。6月に王座奪取を許した相手とのダイレクトリマッチとなった14日(日本時間15日)のフランコ戦は、相手の負傷で無効試合に。契約する米興行大手・トップランク社CEOのボブ・アラム氏が、第3戦はオーストラリア開催を目指す意向を示している。

 アラム氏の第3戦プランを報じたのは、米放送局「FOXスポーツ・オーストラリア」だった。「オージーの目玉ショー、ボクシングの茶番劇を正す」と報じている。井上尚弥(大橋)に敗れたジェイソンの双子の弟アンドリュー。14日の試合は、初回に右目付近を負傷したフランコの顔がラウンド途中から腫れあがった。アンドリューが手数を増やす中、3回途中にドクターチェックで2度目の中断。続行できないと判断されて試合終了となった。

 有効打ならアンドリューの勝利だったが、20分を超えるビデオ判定で偶然のバッティングと判断された。無効試合で王座奪還はならず、試合後のアンドリューは涙をためながら左ジャブによる有効打だと訴えた。海外識者やメディアからも間違いを指摘する声が多く上がった一戦。同放送局はこう記している。

「アラム氏は火曜(17日)、FOXスポーツのベン・デーモンに対し、WBAが再戦を用意すると確信していると話した。マロニーがネバダ州のアスレチックコミッションに判定を覆すよう提訴しようとしているにも関わらずだ。アラム氏は結果が覆ったとしても、トップランク社は来年オーストラリアで開催される巨大なショーの一つとして第3戦を用意したいと述べた」

 マロニー陣営は、試合を管轄したネバダ州アスレチックコミッションに抗議を申し入れる予定とされている。しかし、アラム氏は結果に関わらず第3戦を行うつもりだという。同氏はこうコメントしている。

テオフィモ・ロペスも参戦か、アラム氏のプラン「フランコに勝ってくれるはず」

「一つ確実なのは、結果が変わろうと変わらなかろうと、フランコとの一戦を行う。できれば春にオーストラリアで。アンドリューは挑戦者として臨むことになるが、王者になってもらいたい。この試合の2ラウンドで見せたことを続けてくれると信じているし、フランコに勝ってくれるはずだ。

 春にはパンデミックも過ぎ去り、ワクチンも完成していることを願う。もし(パンデミックが)続いていて、自主隔離しなくてはならないのであれば、私はそうする。トップランク社はオーストラリアのイベントを進めていく。我々は、オーストラリアの全ての偉大なボクサー、特にマロニー兄弟にとって素晴らしいものとなるような超ビッグイベントをやる」

 アンドリューの母国・オーストラリアでの試合開催を目指す方針。さらに記事では「アラム氏は、トップランク社がこのカードに2番目のタイトルマッチを加えることに自信を持っていると語る」と記載した。同興行で世界ライト級4団体統一王者テオフィモ・ロペス(米国)の試合を組み込みたいという。

 無効試合判定により、王座の移動はなし。世界的プロモーターの後ろ盾がつくアンドリューは、マロニー一家にチャンピオンベルトを取り戻せるのだろうか。(THE ANSWER編集部)