神奈川県警本部

写真拡大

 川崎市内の住民が放火予告などを受け、警察が家を24時間態勢で警備する事態となっている。

 著名ユーチューバーの実家と誤解されたためとみられる。神奈川県警は偽計業務妨害の疑いもあるとみて捜査している。

 多摩署によると、6月下旬、警察や消防に「家族が刺された」「家から火が出た」などの通報があり、この家に駆けつけたが何事もなかったという。何者かによる虚偽通報とみられる。

 署がこの家に住む女性から聞いた話では、注文していないピザやニシキゴイの稚魚など、不審なものが5月から11月にかけて少なくとも20件以上届いているという。ネット上では、この家が、動画サイト上で「殺害予告を受けている」と語っている著名ユーチューバーの実家だという、うその情報が流れていた。

 署はその後もこの家に立ち寄り警戒していたが、今月5日、この家に放火するとの予告メールが、県外のある市役所に届いた。現在、署は家の周辺に署員2人を24時間態勢で配置し、警戒にあたっている。(黒田陸離)