エンダースキーマの新作レザーシューズ「フット キャスト」“濡らして乾かす”ことで成型

写真拡大

エンダースキーマ(Hender Scheme)の2021年冬春コレクションから、新シューズライン「フット キャスト(foot cast)」が登場。2021年3月中旬より、スキマ 恵比寿・合羽橋・宮下公園ほかにて発売される。

革の特性を活かして成型

「フット キャスト」は、水に濡れて乾くと形状を記憶するというレザーの特性を活かして、履く人の足に合わせて成型することができるレザーシューズのラインだ。

水に濡れた状態のシューズに足を入れて馴染ませ、脱いでから乾かすことで、アッパーやソール部分が足の細かな形状に合わせてフィット。アッパーにはベジタブルタンニン鞣しのキップレザーを採用するとともに、インソールにはフットプリントの出やすい革を使用することで、足の形に寄り添うシューズに仕上げた。

ラインナップするのは、「6 ホール(6 hole)」と「スリッポン(slip on)」の2種類。カラーは、「6 ホール」ではナチュラル、ブラック、ブラック/ホワイトの3色、一方「スリッポン」ではナチュラル、ブラックの2色を用意する。

詳細

新シューズライン「フット キャスト」
発売予定時期:2021年3月中旬
取扱店舗:スキマ 恵比寿合羽橋宮下公園・オフィシャル オンラインショップ、全国の取扱店舗
展開アイテム:
・6 ホール 35,000円+税
カラー:ナチュラル、ブラック、ブラック/ホワイト
・スリッポン 33,000円+税
カラー:ナチュラル、ブラック
サイズ:1(22.5-23) / 2(23.5-24) / 3(24.5-25) / 4(25.5-26) / 5(26.5-27) / 6(27.5-28) / 7(28.5-29)

【問い合わせ先】
スキマ 恵比寿
TEL:03-6447-7448


【写真付きで読む】エンダースキーマの新作レザーシューズ「フット キャスト」“濡らして乾かす”ことで成型

外部サイト