11月12日に木曜レギュラーコメンテーターを務めていた「グッとラック!」(TBS系)を欠席して降板、所属の生島企画室から契約解除されたフリーアナウンサー小林麻耶(41)。この小林が10月27日の早朝、TBSに乗り込み、番組出演の続行を直談判していたことが、「週刊文春」の取材で分かった。

【画像】夫とともにYouTubeチャンネル「コバヤシテレビ局」に登場した小林麻耶


YouTubeの登録者数は激増中の小林麻耶 ©文藝春秋

 番組関係者が証言する。

「麻耶さんは10月からファッションコーナーを担当していましたが、10月中旬から『もうやりたくない。スタッフにいじめられている』と主張し始めました。事務所も交え、話し合いを重ねましたが、麻耶さんの『やりたい』という意思を確認しても、翌日には事務所から『やっぱり辞めたいと言っている』と話が二転三転しました」

 結局、10月26日に番組を降板することで一旦はTBS側と合意した。

「ところが、麻耶さんは翌日の早朝、TBSにアポなしで乗り込み、旧知のプロデューサーを見つけて『やっぱり、やらせてください!』と頭を下げて叫んだのです。突然の“襲撃”に、周囲はみんな怯えるような目を向けていました」(同前)

 小林の意思を汲んで出演は継続されていたが、11月12日の早朝、小林は自身のYouTubeチャンネルで「グッとラック!」のスタッフからいじめを受けたため、10日に予定されていたロケに行かなかったことを報告。TBSはいじめの事実を否定し、正式に番組降板を発表した。

生島企画室に事実関係を問うと、「先日のプレスリリースにもお書きしたように、それぞれの思いがあるなか、正常なマネジメント業務を行う事が困難になった為、マネジメント契約を終了した次第ですが、すでに弊社の所属を離れてもおりますので、詳細については差し控えさせていただきます」と回答。

 小林にもダイレクトメールで取材を申し込んだが、締め切りまでに回答はなかった。

 11月19日(木)発売の「週刊文春」では、小林が男言葉で怒鳴るなどした撮影現場での様子や、番組降板に至るまでの詳しい経緯、夫の國光吟氏(37)との“依存関係”などについて詳報する。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年11月26日号)