2020年9月に発売された「Apple Watch Series 6」

写真拡大

―[デジタル四方山話]―

 Apple Watchに興味はあるが「いまだに触ったことがない」と言う人は多いのではないだろうか。そもそも時計さえしておらず、スマホで済ませているというなら、必要ではないのかもしれない。

 しかし、2019年のApple Watch出荷台数はスイス全体の腕時計出荷台数を超え、当たり前だがスマートウォッチの市場でもダントツでトップとなっている。最近のビジネスシーンでも男女や年齢を問わずに、Apple Watchを身につけている人を見かけることが増えてきた。Apple Watchに興味があるなら、スルーせずに一度検討してみてはいかがだろうか。

◆2015年の初登場から進化を続けるApple Watch

 Apple Watchは2015年にお目見えし、毎年バージョンアップを重ねている。数年前に触って納得できないところがあって見送った人も、ぜひ最新モデルをチェックして欲しい。

 9月18日に発売された「Apple Watch Series 6」も大きく強化されている。とは言え、今回は新機能だけでなく、Apple Watchを使うことで便利になる活用法もまとめて紹介する。

「Apple Watchで時間を見るには電源を入れるのが面倒臭い」というのはもう古い。前モデルから常時表示できるようになり、新モデルでは常時表示のディスプレイが2.5倍明るくなっている。余計な動作をしなくても時計が表示されているので、会議中でも視線を向ければ時間がわかる。時計としては当たり前のことなのだが、古いモデルではできなかったので、大きな改善ポイントと言える。

◆Apple Watchならではの便利機能は?

 文字盤が変えられるのもスマートウォッチの醍醐味。いろいろな文字盤が用意されているが、試して欲しいのが任意の写真を文字盤にできること。ペットのかわいい写真を文字盤にすれば、常に癒やされるのがありがたい。

 タイマーもなかなか役立つ。電車に座っていると、暖房で暖かくなり眠たくなることもあるだろう。そんなときは少しでも眠って回復したいが、乗り過ごすのも困る。しかし、音が鳴り響くアラームはかけられないし、スマホのバイブレーションでは起きるかどうかが不安だ。しかしApple Watchのタイマーを使えば、振動だけで飛び起きること間違いなし。

 iPhoneのApple Payと共用はできないが、別途Apple PayにSuicaなどの電子マネーを登録することは可能。エクスプレスカードに設定しておけば、Apple Watchをかざすだけで決済できるようになる。iPhoneでも可能だが、やはり時計で済むのはスマートだ。

◆iPhoneと連携した際の使い勝手は?

 自宅でiPhoneをどこに置いたかわからなくなったとき、ど近眼の筆者は寝室やリビング、トイレ、キッチン、仕事場をうろつくことがしばしば。しかし、Apple Watchをしていれば、画面を上にスライドして「iPhoneを呼び出す」アイコンをタップするだけ。iPhoneから音が鳴るので、すぐに場所がわかり、歩き回る必要がない。

 面白いのは、Apple Watchからの遠隔操作でiPhoneのカメラを起動し、シャッターを切ることができる機能。ペットの思わぬ表情を取ったり、自撮りする際に活用できる。ただし、シャッター音は鳴るので、隠し撮りはできない。

 Apple Watchで電話に出られるのもウリ。マイクとスピーカーを備えているので、スパイ映画のようなスタイルで通話できる。GPSモデルはiPhoneと連携するが、GPS+Cellularモデルなら単体で通話できる。目玉機能なので紹介したが、筆者は電話するならスマホを使うのであまりこの機能は使っていない。

 ただし、着信のときに相手の名前が表示されるので、状況によってはスマホを手に取らずに着信を拒否できるのでありがたいこともある。