ライトアップは17時から20時30分まで/写真は主催者提供

写真拡大

福井県福井市の養浩館庭園で、「名勝養浩館庭園 秋のライトアップ」が11月23日(祝)まで開催中。

【写真】名勝庭園ではめずらしく、かつての藩主と同じように座敷からゆったりと庭を眺めることができる

かつて、福井藩主松平家の別邸だった「養浩館庭園」は、数寄屋造りの屋敷をそなえる回遊式林泉庭園で、江戸時代初期から中期を代表する名園のひとつに数えられている。戦前には、建築や庭園の専門家による調査がなされ、当時から学術的に高い評価を受けていたという。また、1982年には「良く旧態を残した優秀な庭園である」として国の名勝に指定されている。

「名勝養浩館庭園 秋のライトアップ」では、園内の築山や石造七重塔、小亭「清廉」とその周辺の木々がライトアップによって浮かび上がるほか、紅葉も楽しめる。光に照らされた幻想的で美しい庭園を、趣のある数寄屋造りの座敷からゆったりと堪能できる。ただし、ライトアップの時間帯は、安全確保のため池周辺の散策はできないので注意を。

雅な名園でおだやかな時を過ごせる「名勝養浩館庭園 秋のライトアップ」に足を運んでみよう。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。