華優希(C)宝塚歌劇団

写真拡大

宝塚歌劇団は16日、花組トップ娘役の華優希(はな・ゆうき)が来年7月4日付で退団することを発表した。華は17日、兵庫県宝塚市内で退団会見を開く。

退団公演は、来年4月2日に兵庫・宝塚大劇場で開幕する「アウグストゥス−尊厳ある者−」「Cool Beast!!」。同公演の東京宝塚劇場千秋楽をもって退団する。

華は14年入団の100期生。花組に配属され、15年の台湾公演にも最下級生として参加。17年「邪馬台国の風」で新人公演初ヒロインを務め、18年「ポーの一族」では、主演のトップ(当時)明日海りお演じる主人公の妹メリーベルに抜てきされた。

19年に前花組トップ娘役の仙名彩世(せんな・あやせ)の後任として、明日海の相手役に迎えられ、トップ娘役に就任。明日海からバトンを受けた新トップ柚香光(ゆずか・れい)の相手娘役も務めてきた。