第71回NHK紅白歌合戦の発表会見で、ボードで登場したGReeeeN(撮影・野上伸悟)

写真拡大

NHKは16日、都内の同局で会見を行い、大みそかの「第71回NHK紅白歌合戦」(午後7時30分)への出場者を発表した。

連続テレビ小説「エール」の主題歌「星影のエール」を歌う4人組覆面ボーカルグループのGReeeeNが、特別企画枠「今こそ歌おう みんなでエール」での初出場を決めた。NHKホールからスペシャルパフォーマンスを届けるという。

会見場に、初出場を決めたGReeeeNの等身大パネルが登場。桑子真帆アナが「ご自由に写真をお取り下さい」と言うと、報道陣から笑いが。

GReeeeNは「歴史ある紅白歌合戦に出演させて頂けて、嬉しい気持ちでいっぱいです。今年は本当に大変な一年となりましたが、『星影のエール』という曲で皆さんが毎朝、少しでも安らぎを感じてもらうことができていたなら嬉しく思います」。また「来年は東日本大震災から10年を迎え、福島で結成したボクたちとしてはこのような年の紅白に出演できることを感慨深く思っております」とし、最後は「来年はこの長い夜が明けて、美しい朝が迎えられるようにボクたちは音楽でエールを届けていきたいと思います」とメッセージを寄せた。

関係者によると、GReeeeNは顔出しができないため、これまでも出場リストに挙がったことはあるが、出場までには至らなかった。だが、今年8月に放送された「ライブ・エール 〜今こそ音楽でエールを〜」では、白い幕の後ろからシルエットでパフォーマンスを披露した。

「エール」で主人公の窪田正孝(32)の妻を演じた二階堂ふみ(26)は紅組司会を務めており、窪田も何らかの形で出演する可能性も高く、夫妻とコラボレーションする企画も浮上している。

GReeeeNはHIDE、navi、92、SOHの4人組。04年、東北地方の歯科大生で結成。06年にユニバーサルミュージックと契約し、07年にシングル「道」でデビュー。学業と音楽の両立のため素顔は非公表。同年「愛唄」がヒットし、08年にドラマ「ROOKIES」の主題歌「キセキ」がロングヒットとなった。