気迫のヘッドスライディングで生還したソフトバンク・甲斐拓也【写真:荒川祐史】

写真拡大

周東は左中間を破って余裕の三塁到達=一塁走者・甲斐は全力ヘッスラ生還

■ソフトバンク 6-4 ロッテ(CS・15日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは15日、ロッテとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第2戦(PayPayドーム)で6-4で逆転勝ち。シリーズ2連勝で4年連続の日本シリーズ進出を決めた。「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeは周東のダメ押し適時三塁打に注目。「【今季を象徴する一打】“走の周東” 転じて “打の周東”【サンデー周東】」と動画をアップした。

 7回1死一塁。周東はハーマンの151キロ直球を右中間へ。全力疾走の一塁走者・甲斐はスピードを緩めることなく、三塁ベースを蹴った。本塁へヘッドスライディングしてロッテの息の根を止める6点目を奪った。打者走者の俊足・周東は二塁ベース付近でスピードを緩めながらも三塁に到達。パ・リーグTVは「つまり、何でも周東」とコメントした。

 ファンは周東の異次元の足の速さに注目。「周東に追いかけられる甲斐」「甲斐が追いかけられるところまでが今季の流れ」「途中緩めて余裕で三塁は怖いよ、」「甲斐出塁→周東長打の流れで追いかけっこになるの好き」「甲斐、、、守備に攻撃に大忙しやな笑」「これはトムとジェリーばりの追いかけっこ」「周東に追われるせいか今年の甲斐はめっちゃ足速い気がする笑」「周東から逃げるのはタクシー乗るしかないってギータが言ってたの思い出したww」「甲斐の全力疾走が鬼ごっこで鬼の周東から逃げてるみたいで面白いw」などとコメントされている。(Full-Count編集部)