57歳で退職を迫られ妻と死別し孤独に「3つの不幸」からの復活方法

ざっくり言うと

  • 元日航パーサーの男性は、57歳で会社から「肩叩き」にあって退職した
  • 新天地で働き始めた頃に最愛の妻が認知症を発症し、その後に死去
  • 猛烈な孤独に襲われたが自身の居場所を考え、喫茶店経営を決意したという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x