小林麻耶(2018年1月11日撮影)

写真拡大

12日に木曜レギュラーコメンテーターを務めていたTBS系「グッとラック!」(月〜金曜午前8時)を降板、所属の生島企画室から契約を解除されたフリーアナウンサー小林麻耶(41)のYouTubeチャンネル「コバヤシテレビ局」の総視聴回数が15日、450万回を超えた。視聴回数、登録者数ともに大幅にアップしている。

12日に番組降板、事務所契約解除などが報じられて注目度が高まり、視聴回数が急上昇。15日午前10時45分現在、12日アップの動画が167万回、13日アップの動画が88万回視聴されている。3日の開設からの合計視聴回数は450・1万回と450万回を超えて、チャンネル登録者数も急上昇して2万3000人を超えた。

YouTubeの収入は、登録者数や視聴回数による広告収入がある。チャンネルを開設したばかりで、まだ広告審査の申請が通っていないとみられるが、1万人の登録で1カ月に約10〜20万円の収入とも推測されている。小林はブログ「まや★道」で189万人の登録があり、こちらも収益を受けているとみられ、YouTubeも登録、視聴回数が増えれば収入面にも反映される。