珍しい「遊撃前ツーベース」を打ったソフトバンク・牧原大成【画像:パーソル パ・リーグTV】

写真拡大

牧原が放った遊撃へのボテボテのゴロが二塁打に…

■ソフトバンク 4-3 ロッテ(CS・14日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは14日、本拠地PayPayドームで行われたロッテとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」第1戦を4-3で勝利し日本シリーズ進出へ王手をかけた。そんな中、5回に牧原大成内野手が放った“遊撃前二塁打”が話題になっている。

 1点ビハインドの5回。先頭の牧原が放った打球は遊撃前への高いバウンドに。懸命に打球を処理した遊撃・藤岡だったが、打球を捕球できずに内野安打となった。

 ここで牧原の視線は二塁へ。処理できなかった打球は遊撃後方に転がり二塁手・中村奨が打球を追ったが二塁ベースはガラ空きに。ここで牧原は一気に二塁を陥れると記録は内野安打、さらにエラーも付かず珍しい「遊撃前ツーベース」となった。

 CSで起こった“珍二塁打”を「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeも「【超レア】牧原大成が“ショートへの2塁打”を放ってしまう」とのタイトルで動画を公開。これにはファンも「本多コーチの二塁への指示が速すぎ」「判断が素晴らしい」「二塁ベースに全集中」「パルプンテ牧原」と多くのコメントが寄せられていた。(Full-Count編集部)